cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2014年度 開講箇所 人間科学部
科目名
データリテラシー I 03

担当教員 島崎 敢
学期曜日時限 春学期  木5時限
科目区分 データ(必修) 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 100-116 キャンパス 所沢
科目キー 1930000210 科目クラスコード 03
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード ZZZZZZZZ
大分野名称 指定なし
中分野名称 指定なし
小分野名称 指定なし
レベル 指定なし 授業形態 指定なし

シラバス情報

最終更新日時:2014/03/03 16:46:20

授業概要  データに関する基礎能力は、様々な学問領域に共通して重要であるばかりでなく、情報技術が高度に発達した現代社会では、必須ともいえる素養である。授業では、現実的な課題の解決案を、データに基づいて探求するための考え方と技術の基礎を習得する。データ分析の有効性と留意点を踏まえた上で、自らデータを構成し、そこから豊かな知見を適切に導く知識を実践的に学ぶ。
授業の到達目標 ・分野にとらわれないデータ利用の有効性を実感的に理解する(Ad1-1)
・データやその解釈を批判的に検討できる(Ad1-1)
・自分でデータを集めることができる(Ad1-4)
・コンピューターを使ってデータを適切に整理し、加工することができる(Ad1-2・Ad1-3)
・図や数値によってデータの情報を要約できる(Ad1-5)
授業計画
1:
第1回:
導入
2:
第2回:
データ利用の有効性と留意点
3:
第3回:
データの種類
4:
第4回:
データの集め方と入力
5:
第5回:
データの集計とグラフ化
6:
第6回:
データをまとめて表す
7:
第7回:
散らばりの表現
8:
第8回:
ここまでのまとめ
9:
第9回:
データの分布
10:
第10回:
データにおける位置を知る
11:
第11回:
データを加工する
12:
第12回:
データ間の関係を表す
13:
第13回:
関連を分析する
14:
第14回:
変化をとらえる
15:
第15回:
まとめと展望
教科書  資料を配布する。
参考文献 向後千春・冨永敦子 (2007). 統計学がわかる. 技術評論社
成績評価方法
割合 評価基準
レポート: 30% 提示した課題への取り組み結果
平常点評価: 70% 授業内課題,小テスト,提出課題などの平常点
備考・関連URL  1年秋学期のデータリテラシーIIと2年春学期のデータリテラシーIIIへと続く基礎となる科目である。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read