cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2014年度 開講箇所 人間科学部
科目名
アンケート調査法 04

担当教員 島崎 敢
学期曜日時限 春学期  木3時限
科目区分 専門科目I(実験調査研究法) 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 100-116 キャンパス 所沢
科目キー 1930004460 科目クラスコード 04
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード ZZZZZZZZ
大分野名称 指定なし
中分野名称 指定なし
小分野名称 指定なし
レベル 指定なし 授業形態 指定なし

シラバス情報

最終更新日時:2014/03/03 16:46:20

授業概要  特定の社会現象を解明するために必要とされるデータ収集とその分析手法について、基本的な方法を紹介する。一連の手順として、社会調査を企画立案して、調査票を作成し、簡便な調査をキャンパス内で実施する。収集した調査データについて、そのデータの整理・集計と分析の作業を行う。本講のまとめとして、当初の調査目的や仮説と照合して、調査結果の分析と考察を実施して、レポートとして提出させる。
授業の到達目標 ■社会調査のなかでのアンケート調査の技法について理解する(Ad1-1)。
■実際にアンケート調査の企画を立てて、実施することができる(Ac1-1)。
■アンケート調査で収集されたデータを分析し、レポートを作成できる(B1-3,B2-3)
授業計画
1:
第1回:
アンケート調査とは
2:
第2回:
アンケート調査の方法  ― 公式統計および世論調査等の解説
3:
第3回:
アンケート調査の企画(1)主題 ― 既存資料の収集と利用および主題の検討
4:
第4回:
アンケート調査の企画(2)全体案 ― 既存調査の検討と企画案の作成
5:
第5回:
調査項目の選定 
6:
第6回:
質問項目の選定と質問文作成 ― ワーディングの手法
7:
第7回:
調査票の作成
8:
第8回:
調査票のプリテスト
9:
第9回:
調査実施
10:
第10回:
調査データの入力と集計 ― エクセル利用およびSPSS利用
11:
第11回:
調査データの分析(1)単純集計分析 ― 記述統計量の解説と単純集計
12:
第12回:
調査データの分析(2)クロス集計分析 ― 相関係数と検定およびクロス集計
13:
第13回:
調査データの分析(3)その他の分析 ― 因果関係と相関関係およびその他の分析手法
14:
第14回:
調査報告の発表 ― 製表とグラフ作成
15:
第15回:
調査報告書の作成と提出
教科書  特になし。
参考文献  特になし。
成績評価方法
割合 評価基準
レポート: 60% 構成、内容、文章作成などによる評価。
平常点評価: 40% 出欠、発表、提出物などによる評価。
備考・関連URL  特になし。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read