cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2017年度 開講箇所 人間科学部
科目名
心理学概論

担当教員 鈴木 晶夫
学期曜日時限 春学期  月1時限
科目区分 専門科目IIA(基盤科目) 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 100-212 キャンパス 所沢
科目キー 1930004990 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード HUME200L
大分野名称 人間科学
中分野名称 環境デザイン・行動心理
小分野名称 環境デザイン・行動心理
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 講義
  オープン科目

シラバス情報

最終更新日時:2017/02/27 19:50:31

授業概要  心理学が関連する領域は広い。本講義は、心理学の一般的方法と基礎知識の獲得のための入門である。人間は、どのように環境や対象をとらえ、どのように行動するのかを考える。人間の心理的構造と機能について、実験的な事例をあげながら授業をすすめる。キャリア計画にも関連する心理専門職、心理学教育などについてもふれたい。
授業の到達目標 ・心理学の基礎的知識の説明ができる。(B2-1,C2-1)
・心理学の方法論の理解と適用ができる。(B2-2,B3-3)
・キャリア計画とキャリア開発の技能を習得する。(B3-1,B3-3)
・個人的成長を遂げる。(C2-1,C3-1)
事前・事後学習の内容 予習として、授業において紹介する書籍や資料の事前読了を求めます。復習として、授業で呈示した資料を各自調べたり、紹介した研究論文等の検索・読了、紹介した書籍の読了を求めます。各回の予習には60分~90分、復習には90分~120分かかると想定されます。
授業計画
1:
第1回:受講のためのガイダンス(オリエンテーション)
受講のためのガイダンス(オリエンテーション)
予習として、教科書の事前読了を求めます。復習として、授業で呈示した資料を各自調べ、その検索・読了を求めます。
2:
第2回:心理学学習の効用と限界 心理学の歴史
心理学学習の効用と限界 心理学の歴史
予習として、教科書の事前読了を求めます。復習として、授業で呈示した歴史上の人物を各自調べたり、紹介した研究論文等の検索・読了を求めます。
3:
第3回:研究法(実験・調査・検査等)
研究法(実験・調査・検査等)
予習として、教科書の事前読了を求めます。復習として、授業で呈示した研究の方法論を各自調べたり、紹介した研究論文等の検索・読了を求めます。
4:
第4回:感覚・知覚・記憶
感覚・知覚・記憶
予習として、教科書の事前読了を求めます。復習として、授業で紹介した「用語」を各自調べたり、紹介した研究論文等の検索・読了を求めます。
5:
第5回:学習(基礎と応用)
学習(基礎と応用)
予習として、教科書の事前読了を求めます。復習として、授業で紹介した人物を各自調べたり、紹介した研究論文等の検索・読了を求めます。
6:
第6回:認知・推論・心の理論
認知・推論・心の理論
予習として、教科書の事前読了を求めます。復習として、授業で紹介した実験例以外等を各自調べたり、紹介した研究論文等の検索・読了を求めます。
7:
第7回:思考・創造性
思考・創造性
予習として、教科書の事前読了を求めます。復習として、授業で実施した実験結果を自己分析し、キャリア計画への応用を考える。また、紹介した研究論文等の検索・読了を求めます。
8:
第8回:感情・動機づけ
感情・動機づけ
予習として、教科書の事前読了を求めます。復習として、授業で呈示した歴史上の人物や実験例を各自調べたり、紹介した研究論文等の検索・読了を求めます。
9:
第9回:発達・愛着・食べる育てる
発達・愛着・食べる育てる
予習として、教科書の事前読了を求めます。復習として、授業で紹介した「食育」の話題に関連する報告などを各自調べたり、紹介した研究論文等の検索・読了を求めます。
10:
第10回:集団・服従・社会的手抜き
集団・服従・社会的手抜き
予習として、教科書の事前読了を求めます。復習として、授業で紹介した実験例以外に身近な例を各自調べたり、紹介した研究論文等の検索・読了を求めます。
11:
第11回:認知的不協和・説得・印象
認知的不協和・説得・印象
予習として、教科書の事前読了を求めます。復習として、授業で呈示したいくつかの理論について各自調べたり、紹介した研究論文等の検索・読了を求めます。
12:
第12回:パーソナリティ理論
パーソナリティ理論
予習として、教科書の事前読了を求めます。復習として、授業で紹介した理論とそれ以外に思いつく理論を各自調べたり、紹介した研究論文等の検索・読了を求めます。
13:
第13回:パーソナリティの測定
パーソナリティの測定
予習として、教科書の事前読了を求めます。復習として、授業で紹介した心理測定尺度以外についても各自で調べ、キャリア計画の準備をしておく。紹介した研究論文等の検索・読了を求めます。
14:
第14回:健康・ストレス・生理(睡眠)
健康・ストレス・ライフスタイル・睡眠
予習として、教科書の事前読了を求めます。復習として、授業で紹介した実験例以外で、日常生活の問題について各自調べたり、紹介した研究論文等の検索・読了を求めます。
15:
第15回:総復習
総復習とまとめ(理解度確認を含む)
予習として、教科書の事前総まとめ・読了を求めます。復習として、上手く説明できなかってテーマについて各自調べ、全体を整理してまとめておく。
教科書 鈴木晶夫・竹内美香著 心理学入門:快体心書 川島書店
参考文献 鈴木晶夫・竹内美香著 心理学教育再考 川島書店
伊東暁子・竹内美香・鈴木晶夫著 食べる・育てる心理学 川島書店
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 70% 授業の理解度 基礎知識、専門知識の理解度と適用
平常点評価: 30% 授業の理解度、興味関心度(教場レポートを含む)
備考・関連URL  Course n@viお知らせ機能を利用して、提出課題、試験答案等についての講評をする。
 また、提出課題については、授業内で、その都度、フィードバックをする場合もある。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read