cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2017年度 開講箇所 人間科学部
科目名
プログラミングII(C言語)

旧:プログラミング上級(C言語)

担当教員 脇本 健弘
学期曜日時限 冬クォーター  月3-4
科目区分 専門科目IIB(発展科目) 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 100-505 キャンパス 所沢
科目キー 1930006920 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード INFN300S
大分野名称 情報学
中分野名称 プログラミング言語
小分野名称 概論
レベル 上級レベル 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2017/02/27 19:50:31

授業概要  本科目では、プログラミング言語の一つであるC言語をもとにプログラミングのスキルを身につける。授業は、講義・演習のサイクルの繰り返しで行われる。講義では、プログラミングの概念について知識を習得し、演習では講義内容をふまえて実際にプログラミングを行う。第12回-14回では自身でテーマを決めてこれまで学習したプログラミングスキルを活用してソフトの作成を行う。
授業の到達目標 ・C言語の知識を理解する(B2-1)
・C言語で書かれたプログラムが理解できる(B2-1)
・C言語によるプログラムの作成が行える(D12-4)
事前・事後学習の内容 予習としてMyWasedaに掲載するレジュメの事前読了を求めることがあります。各回の予習には90分~120分かかると想定されます。
授業計画
1:
第1回:
イントロダクション(授業の概要と進め方)
※3限のみとなります
2:
第2回:
変数と式:変数・型・式と演算子
3:
第3回:
制御:条件判断処理・制御:ループ処理
4:
第4回:
配列・関数
5:
第5回:
配列・関数(演習)
6:
第6回:
ポインタ
7:
第7回:
ポインタ(演習)
8:
第8回:
構造体
9:
第9回:
構造体(演習)
10:
第10回:
ファイル処理
11:
第11回:
ファイル処理(演習)/ミニプロジェクト説明
12:
第12回:
ミニプロジェクト作業
13:
第13回:
ミニプロジェクト作業・中間発表
14:
第14回:
ミニプロジェクト発表
15:
第15回:
確認テスト
教科書 内田 智史 (監修)、システム計画研究所 (編集) C言語によるプログラミング 基礎編、オーム社
内田 智史 (監修)、システム計画研究所 (編集) C言語によるプログラミング 上級編、オーム社
参考文献  特になし。
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 50% 到達度の確認
レポート: 40% 演習課題・ミニプロジェクトの提出状況と完成度
平常点評価: 10% 出席状況や授業中でのミニテストなどを総合して評価する
備考・関連URL

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read