cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2017年度 開講箇所 人間科学部
科目名
ウェブデザイン入門

担当教員 今井 亜湖
学期曜日時限 夏季集中  無その他
科目区分 専門科目IIB(発展科目) 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 100-S201 キャンパス 所沢
科目キー 1930006950 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード INFV300L
大分野名称 情報学
中分野名称 その他
小分野名称 概論
レベル 上級レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2017/02/27 19:50:31

授業概要  本科目では知識の表現としてのハイパーテキストとその限界についてHTMLをとおして考察する。さらに、視覚を重視したウェブデザインを再考し、利用者の利便性(ユーザビリティ)を基本とした2次元インターフェースとしてのデザイン表現について、ウェブサイトの設計および作成をとおして学習する。
授業の到達目標 ・ウェブデザインにおけるHTMLおよびCSSの機能を理解する。【B2-1】
・HTMLとCSSの記述を理解し、簡単なWebサイトを作成できる。【D12-4】
事前・事後学習の内容 事後学習として、実際にHTMLやCSSを記述する課題に取り組んでもらいます。
授業計画
1:
第1回:ウェブデザインとは
本科目の目的と授業の進め方について説明するとともに、ウェブに関する基礎知識について説明します。
2:
第2回:HTML文書の構造と書式
HTML文書の基本的な構造と書式について説明します。
3:
第3回:head要素とbody要素
head要素とbody要素の記述について学びます。
4:
第4回:情報の構造を表現する
HTML文書において情報の構造をどのように表現するかを学びます。
5:
第5回:ハイパーリンクと画像の表現
Webページの特徴であるハイパーリンクの記述方法とHTML文書における画像の挿入方法について学びます。
6:
第6回:表でデータを表現する
HTML文書における表を用いた表現について学びます。
7:
第7回:視覚表現のためのCSS(1)
CSSによる視覚表現をどのように適用させるのか、CSSの基本的な記述方法について学びます。
8:
第8回:視覚表現のためのCSS(2)
CSSのルールと装飾・デザインのためのCSSの記述について学びます。
9:
第9回:視覚表現のためのCSS(3)
ボックスモデルと、レイアウトのためのCSSの記述について学びます。
10:
第10回:視覚表現のためのCSS(4)
第9回および第10回で説明できなかった、その他の装飾のためのCSSの記述と、情報のブロック配置について学びます。
11:
第11回:レスポンシブWebデザイン(到達度の確認を含む)
1つのHTML文書を多様な環境で閲覧できるようにするための制作手法について学びます。
12:
第12回:ウェブサイトの設計・構築(1)
アクセシビリティに配慮したWebサイトの設計方法と、Webページ作成時の著作権の扱い方について学びます。そして、これまでに学んだHTMLとCSSの記述方法をふまえ、実際にウェブサイトの設計と構築を行ないます。
13:
第13回:ウェブサイトの設計・構築(2)
これまでに学んだHTMLとCSSの記述方法をふまえ、実際にウェブサイトの設計と構築を行ないます。
14:
第14回:発表
各自が作成したWebサイトの相互評価を行います。
15:
第15回:総括と到達度の確認
本科目で学んだ内容のふりかりを行ない、これまでの授業で学んだ内容の理解度を確認するために到達度の確認を実施します。
参考文献 こもりまさあき・赤間公太郎(2016)Webデザインの新しい教科書 改訂新版.エムディエムコーポレーション.

その他の参考文献については、講義において適宜伝えます。
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 35% HTMLとCSSの記述方法および機能について理解しているかを確認します。
平常点評価: 30% 毎時の授業内容の理解度を確認するために、演習と小テストを課します。
その他: 35% 授業で学んだHTMLとCSSの記述方法を習得しているかを確認するために最終課題を課します。
備考・関連URL ・本科目は無線LAN対応の教室で各自のノートPCを用いた演習を行うため、ノートPCは初回の授業から必ず持参すること。
・本科目は教科書にそって講義を行います。初回の授業が始まる前までに必ず教科書を用意すること。
・本講義ではHTMLのコーディング等の作業が必要であるため、コンピュータの基本操作は各自で習得しておくこと。
・授業に関する事前のアナウンスがある場合にはCourse N@vi で行う。

「集中授業日程」は所沢総合事務センター連絡Webページで確認すること。
http://www.waseda.jp/tokorozawa/kg/human-school/registration_h.html

【課題(試験やレポート等)に対するフィードバック】演習課題の記述例は適宜開示します。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read