cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 文化構想学部
科目名
日本史・世界史再発見

2-1_【文構・文学_合併】

担当教員 渡辺 愛子 他/井上 文則/小田島 恒志/河野 貴美子/佐藤 尚平/高井 詩穂/高屋 亜希/中澤 達哉/ホサイン タニア/森 由利亜/八木 君人/由尾 瞳/吉原 浩人
学期曜日時限 春学期  木5時限
科目区分 講義 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 36-581 キャンパス 戸山
科目キー 2321510049 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード HISV181L
大分野名称 歴史学
中分野名称 その他 歴史学
小分野名称 その他
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 講義
  オープン科目

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/05 16:52:50

副題 「あっ」と驚く、歴史の世界にようこそ!
授業概要  この講義は、文化構想学部多元文化論系専任教員が中心となって行うオムニバス形式の授業です。「日本史・世界史再発見」と題し、斬新な視点から、さまざまな論点を提供して、学生とともに深く考えます。
 私たちは、教科書やマスコミなどから得られる知識によって、何となく持っている「常識」を共有しています。この講義では、その「常識」が、時として歴史的な事実とかけ離れている場合もあることを示しながら、学問の深さについて再発見する契機となることを目指します。
 一回完結のオムニバス形式の授業になりますが、各教員によるさまざまな切り口を楽しんでください。具体的な内容と、担当者は以下の通りです。日程は「シラバス」に記載されていますが、諸事情による変更もあり得ますので、メール配信を通じての連絡に注意してください。
 講義題目は以下の通りです。
 渡辺愛子「’Horrible Histories’―BBC子供番組に見るもうひとつのイギリス史―」/吉原 浩人「飛翔する達摩と聖徳太子―南岳衡山転生譚を読む―」/高井詩穂「『悪所』の歴史」/小田島恒志「現代英米戯曲の翻訳作業で気が付く歴史」/タニア・ホサイン「国際言語としての英語の歴史」/佐藤尚平「『中東』という地理区分の歴史」/中澤達哉「日本と似ていたヨーロッパ?ー『長い16世紀』の日欧資本主義革命論ー」/井上文則「カエサルの『ガリア戦記』を読む」/由尾瞳「The Birth of the New Woman: The Women’s Rights Movement in the U.S. and Japan (「新しい女」の誕生:日本とアメリカにおける女権運動の歴史」)/河野貴美子「『源氏物語』を通してみる東アジア文化交流」/八木君人「ロシア革命を表象する」/高屋亜希「纏足をほどいた女たち」/森由利亜「中国史の中の道教」。
授業の到達目標  日本史・世界史について、さまざまな方面・角度から知識を得て、学問の方法について、ともに深く考えることを目標とします。
事前・事後学習の内容  オリエンテーションの際に各講義の概要を紹介するので、関心のあるトピックについては事前リサーチをしておくと講義の理解が深まるであろう。講義後は、授業で紹介された参考文献などでさらに学習を続けてもらいたい。
授業計画
1:
第1回
4月11日:渡辺愛子「オリエンテーション」
2:
第2回
4月18日:渡辺愛子「'Horrible Histories': BBC子供番組に見るもうひとつのイギリス史」
3:
第3回
4月25日:吉原 浩人「飛翔する達摩と聖徳太子―南岳衡山転生譚を読む―」
4:
第4回
5月9日:高井詩穂「『悪所』の歴史」
5:
第5回
5月16日:小田島恒志「現代英米戯曲の翻訳作業で気が付く歴史」
6:
第6回
5月23日:タニア・ホサイン「国際言語としての英語の歴史」河野貴美子「『源氏物語』を通してみる東アジア文化交流」
7:
第7回
5月30日:佐藤尚平「『中東』という地理区分の歴史」
8:
第8回
6月6日:中澤達哉「日本と似ていたヨーロッパ?ー『長い16世紀』の日欧資本主義革命論ー」
9:
第9回
6月13日:井上文則「カエサルの『ガリア戦記』を読む」
10:
第10回
6月20日:由尾瞳「The Birth of the New Woman: The Women's Rights Movement in the U.S. and Japan (「新しい女」の誕生:日本とアメリカにおける女権運動の歴史」)
11:
第11回
6月27日:河野貴美子「『源氏物語』を通してみる東アジア文化交流」
12:
第12回
7月4日:八木君人「ロシア革命を表象する」
13:
第13回
7月11日:高屋亜希「纏足をほどいた女たち」
14:
第14回
7月18日:森由利亜「中国史の中の道教」
15:
第15回
オンデマンド(7月25日分):渡辺愛子「まとめ・レポート提出方法」
教科書  授業中に、各教員が個別に指示します。
参考文献  授業中に、各教員が個別に指示します。
成績評価方法  レポート80%:期末にレポートを提出してもらいます。詳細は、オンデマンド授業において指示します。
 出席20%:三分の二以上出席しないと、単位を授与することはできません。
備考・関連URL  初回に、受講に際しての諸注意を行います。また、学期の半ば以降に公開するオンデマンド授業において、レポート提出方法などについて指示するので、必ず視聴してください。また、一斉メールを送ることもありますので、注意してください。
 授業について質問がある場合は、<多元文化論系室>に常駐する助手に、遠慮なく問い合わせてください。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read