cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2018年度 開講箇所 文化構想学部
科目名
世界の言語と日本語

2-1_【文構・文学_合併】

担当教員 吉田 健二
学期曜日時限 春学期  木3時限
科目区分 講義 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 31-201 キャンパス 戸山
科目キー 2321520014 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LNGT101L
大分野名称 言語学
中分野名称 理論言語学
小分野名称 概論
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 講義
  コース・コード LNGA101L
大分野名称 言語学
中分野名称 応用言語学
小分野名称 概論
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 講義
  コース・コード LNGH101L
大分野名称 言語学
中分野名称 歴史言語学
小分野名称 概論
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 講義
  オープン科目

シラバス情報

最終更新日時:2018/03/01 16:55:23

授業概要  言語類型論(LinguisticTypology)は,世界の言語の特徴をできるかぎりひろくしらべ,ヒトの言語にとって普遍的な要素は何か(そもそも普遍的な要素はあるのか),逆に,言語はどこまで多様にことなりうるのかなどの問題を探求する研究分野です.この授業では,世界の言語の類型論的傾向にてらしたときの日本語の位置・特徴を考察し,日本語の研究が,世界言語の類型論的研究にどのような洞察をもたらすか検討します.
 主要なテキスト・資料は、ドイツのMax-Planck研究所が開発したWorld Atlas of LanguageStructure(WALS)という言語類型論の研究者むけデータベースです.WALSは,言語の構造上のタイプ(類型)にかんする192の項目について,総数2697、平均400言語の情報を分類し,地図上にしめしたもので,インターネット上で公開されています.授業では毎回,2〜3名の受講者に,その回のテーマに関連したWALSの章の記述を要約して説明してもらいます.授業計画の末尾の数字は,予定している章番号です.また,担当講師(吉田)も各回の内容に関連した講義を行います.
授業の到達目標  言語類型論の研究上の目標と研究アプローチを理解し,類型論的視点を導入した言語研究を計画・実行するための基礎知識を身につける.また,類型論的視点からみた,日本語の特徴についての洞察を深める.
事前・事後学習の内容  授業の内容を参考に、自分の研究テーマをできるだけはやいうちに見つけるようにしてください。関連するとおもわれるWALSの章をよみ、参考文献を見つけ出して、考えを発展させることを期待します。
授業計画
1:
第1回 WALSの概要(Introduction)
授業の内容・進行について説明し、教科書とする WALSの内容も紹介します。
2:
第2回 類型論研究のデータ:語順(81, 82, 83)
主語・動詞・目的語の語順のタイプの検討をとおして、類型論研究のための適切なデータ構築についてかんがえます。
3:
第3回 言語類型間の関連(95, 96, 97)
言語構造タイプには関連があることが知られています。一例が、動詞・目的語の語順と、関係節と先行詞の語順との関連です。その意味をかんがえます。
4:
第4回 語彙構造の類型論(131, 132, 133, 138)
色彩語彙や数量語彙など語彙にも、言語によってさまざまなタイプがあり、人の認知のありかたとの関連で検討されることがあります。そのような研究の経緯と問題点をかんがえます。
5:
第5回 言語類型の変化:格組織(98, 99)
日本語にも「主格」「目的格」などの「格」がありますが、これとはおおきくことなる「能格・絶対格」型という各組織のタイプを中心に、人類言語の文法構造の可能性とその変化についてかんがえます。
6:
第6回 言語類型を定義すること:格組織・態(107, 108)
すべての言語に受動態があるとはかぎりません。また、「逆受動態」というふしぎな構造をもつ言語もあります。それらタイプの検討をとおして、「言語の類型」とはなにかをかんがえます。
7:
第7回 人類言語の「普遍性」:関係節(122, 123)
日本語の「[友達が貸してくれた]ノート」は関係節構造でしょうか。西欧言語の物差しをむりにあてはめ、「これも関係節だ」と言っているだけの可能性はないでしょうか。この問題の検討を軸に、「人類言語に共通の要素があるか(あるべきか)」という問題をかんがえます。
8:
第8回 言語類型と社会構造:形態論(22, 49, 55)
言語類型をきめる(言語類型に影響する)要因の検討をはじめます。社会構造が言語類型に影響する、ということはあるでしょうか。検討しましょう。
9:
第9回 言語類型論と方言:テンス・アスペクト(65, 77, 78)
「日本語の特徴」というとき、われわれは方言にみられる多様性をわすれがちです。テンス・アスペクトのタイプを軸に、この問題を検討します。
10:
第10回 言語類型と生活形態:親族名称(129, 130)
生活形態も言語類型に関連する可能性があります。親族名称のばあいはどうでしょうか、検討しましょう。
11:
第11回 言語類型の多寡:接辞(25, 26)
文法要素を接頭辞より接尾辞であらわす言語が圧倒的におおいことが知られています。その理由の検討をとおして、言語タイプの多寡をきめる要因を検討する方法についてかんがえます。
12:
第12回 単純 / 複雑なタイプ:音韻組織の類型(1, 2, 3)
日本語の音韻構造は比較的単純ですが、「複雑な音韻構造をもつ言語」はあるのでしょうか。どれくらい複雑で、どんな特徴をもつ傾向があるのでしょうか。そのような問題をとりあげます。
13:
第13回 日本語音韻の類型論的特徴(4, 7)
日本語の音韻構造に特殊な点はあるでしょうか。日本語音韻の歴史的変遷も考慮に入れて検討します。
14:
第14回 言語類型と地理(8, 9)
言語タイプと言語の地理的位置にも関連がある可能性が指摘されてはじめています。どのていど信頼できる主張なのか、検討します。
15:
第15回 韻律の類型論(12, 13)
担当教員・吉田の専門である、言語の韻律のタイプについてかんがえます。世界の類型論研究にたいする日本語研究からの貢献を紹介します。
教科書  Dryer, Matthew S. & Haspelmath, Martin (eds.) 2013. The World Atlas of Language Structures Online. Leipzig: Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology.
 購入不要.URL: http://wals.info で公開されています.
参考文献  1) 亀井孝・河野六郎・千野栄一『言語学大辞典・言語篇』1988-1993.
 2) 角田太作『世界の言語と日本語 改訂版』くろしお出版2009.
 3) Moravcsik, Edith. Introducing Language Typology. 2013. Cambridge.
 4) Song, Jae Jung. The Oxford Handbook of Linguistic Typology. 2011. OUP.
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 0%  実施しません
レポート: 60%  期末レポート
平常点評価: 0%  (とくにかんがえていませんが、受講生の人数によっては、リアクションペーパーの記載内容も勘案します)
その他: 40%  授業内の発表(1〜2回)
備考・関連URL  質問などは kenjiyo.work@gmail.com まで

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read