cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 文化構想学部
科目名
宗教思想

2-1_【文構・文学_合併】

担当教員 小村 優太
学期曜日時限 秋学期  月3時限
科目区分 講義 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室   キャンパス 戸山
科目キー 2321550003 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード CMFM151L
大分野名称 複合領域
中分野名称 人間(心理学/哲学/身体論/健康/セラピー)
小分野名称 心身論
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 講義
  コース・コード PHLR111L
大分野名称 哲学
中分野名称 宗教学
小分野名称 宗教哲学
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/05 16:52:50

授業概要  この講義では、宗教にかんして人間がこれまでおこなってきた思索を全般的に考察する。授業は複数回のテーマで構成されており、それぞれ「超越」、「聖典」、「人間」、「社会」、「科学」となっている。講義では特定の宗教に限定することなく、各回のテーマに合った内容を幅広く取り扱い、個々の断片的な事例に留まらない、綜合的な理解を目指す。
 講義の各回では、最初に前回の講義のリアクションペーパーをいくつか選んで紹介する。その後それぞれの講義内容に入り、終了10分前にリアクションペーパー執筆の時間を取る。
授業の到達目標  ・現代に生きる我々と宗教の関係を理解する。
 ・宗教の概念を多角的に理解し、それを我々自身の問題として捉えなおす。
事前・事後学習の内容  とくに事前の予習は必要ないが、それぞれの回で学んだことを振り返るのは知識の定着にかんして有益である。関連するテクストや資料は授業中に指示するので、余裕がある参加者は触れておくと良い。
授業計画
1:
第1回
イントロダクション
2:
第2回
超越(1):第一原理
3:
第3回
超越(2):世界
4:
第4回
超越(3):一と多
5:
第5回
聖典(1):正典の編纂
6:
第6回
聖典(2):異端の誕生
7:
第7回
聖典(3):分派の形成
8:
第8回
人間(1):言語と祈り
9:
第9回
人間(2):神秘体験
10:
第10回
人間(3):死と身体
11:
第11回
社会(1):聖人と聖職者
12:
第12回
社会(2):宗教と法
13:
第13回
科学(1):学知と直観
14:
第14回
科学(2):対立と発展
15:
第15回
総まとめ
教科書  特になし
参考文献  特になし
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 0%  
レポート: 70%  学期末提出のレポートを課す。レポートの内容、書式については授業中に指示する。
平常点評価: 30%  授業への参加、リアクションペーパーの執筆(内容は問わない)など。
その他: 0%  0
備考・関連URL  特になし

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read