cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 文化構想学部
科目名
日本文学概論1

2-2_【文学・文構_合併】

担当教員 和田 琢磨
学期曜日時限 春学期  土2時限
科目区分 講義 配当年次 2年以上 単位数 2
使用教室 32-325 キャンパス 戸山
科目キー 2321660029 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LITJ201L
大分野名称 文学
中分野名称 日本文学
小分野名称 概論
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/05 16:54:16

副題 古典の文体と展開
授業概要  本授業では、古典文学作品を中心に、古典から近代にかけての作品がどの様に書かれ読まれてきたのかについてを講義する。前半では作品の文体・構成・表現についての通史を、後半では享受という観点から古典から近代までの作品の特徴についてを講義する。
授業の到達目標  古典から近代に至る様々な作品の特徴を理解し、日本文学に関する深い理解を獲得することを目指す。
事前・事後学習の内容  授業までに指示した作品や論文を読んでおくことを事前学習とし、授業で紹介した作品や論文等を読み理解を深めることを事後学習とする。それぞれに相応の時間を要すると思われる。
授業計画
1:
第1回 オリエンテーション
本講義の概要を確認するとともに成績評価方法などについても確認する。
2:
第2回 古典と近代文学の違い
坪内逍遙『小説神髄』や明治初期の作品を取り上げ、明治初期の人々がいかにして新たな小説を作り上げようとしていたのかについて述べる。その上で、古典文学作品と近代文学作品の違いについて講義する。
3:
第3回 古典の表現①
上代・中古の作品を中心に取り上げ、漢文体の文章について講義する。
4:
第4回 古典の表現②
中古の作品を取り上げ、仮名文の特徴について講義する。
5:
第5回 古典の表現③
中世の作品を取り上げ、和漢混淆文と語り物の文体について講義する。
6:
第6回 古典の表現④
中古・中世に確立された和歌文学の表現が、近世・近代に至るまで受け継がれている様について講義する。
7:
第7回 『伊勢物語』とその影響
『伊勢物語』が後世の韻文・散文・芸能に多大な影響を与えていたことについて講義する。
8:
第8回 『源氏物語』とその影響
『源氏物語』が後世の韻文・散文・芸能に多大な影響を与えていたことについて講義する。
9:
第9回 源義経を描いた作品①
『義経記』やその他の判官物について講義する。
10:
第10回 源義経を描いた作品②
前回の授業を踏まえ、演劇作品への影響について講義する。
11:
第11回 『太平記』とその影響①
『太平記』の中から楠正成が活躍する場面を取り上げ、その特徴について講義する。
12:
第12回 『太平記』とその影響②
前回の授業を踏まえ、『太平記』が近世・近代の文芸・社会に多大な影響を与えたことについて講義する。
13:
第13回 古典と近代文学①
近代文学にも踏まえられている『今昔物語集』の一話を取り上げ講義する。
14:
第14回 古典と近代文学②
近代文学にも踏まえられている『平家物語』の一話を取り上げ講義する。
15:
第15回 理解度の確認
筆記試験を行い、授業内容の理解度を確認する。
教科書  プリントを配布する。
参考文献  毎回、授業で紹介する。
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 70%  第15回目の授業で理解度の確認を行う。
レポート: 0%  なし
平常点評価: 30%  毎回、ミニレポートを提出してもらう。
その他: 0%  なし

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read