cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2016年度 開講箇所 文化構想学部
科目名
ドイツ語を読む7(大学院受験のためのドイツ語)

5-1_【文学・文構・一文・二文・文研_合併】

担当教員 荒又 雄介
学期曜日時限 春学期  火4時限
科目区分 選択外国語(ドイツ語) 配当年次 2年以上 単位数 2
使用教室 31-104 キャンパス 戸山
科目キー 2323020047 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LANG301F
大分野名称 語学
中分野名称 ドイツ語
小分野名称 ドイツ語
レベル 上級レベル 授業形態 外国語

シラバス情報

最終更新日時:2016/03/01 15:20:27

副題 ホーフマンスタールの小説断片を読む
授業概要  19世紀末から20世紀初頭にかけて、韻文散文の別なく様々なジャンルで活躍したフーゴ・フォン・ホーフマンスタールの作品の中から、若いころに書かれた小説断片を選んで読みます。ドイツ語圏にとどまらず、広くヨーロッパの文学伝統をふんだんに吸収した作家の華やかな文学世界を原文でじっくり味わいたいと思います。
 他方、ドイツ語読解力に磨きをかけるために、毎週ドイツ語表現の型をいくつか習得してもらいます。読解のためだけでなく、作文にも役立つ表現を紹介します。授業計画を参照してください。
授業の到達目標  1.19世紀末にウィーンで花開いた文化についての深く知る。
 2.ドイツ語の定型表現を知って、平易な文章をすばやく理解する。
 3.読解に特化した形で、ドイツ語の文法構造を再確認する。
事前・事後学習の内容  毎回プリントを配ります。
 授業の前に目を通しておいてください。
授業計画
1:
第1回
オリエンテーション
 授業で扱うテクストを紹介・解説します。
2:
第2回
相手に何かを勧める表現
3:
第3回
doch の用法さまざま
 聞き返しの表現
4:
第4回
合成名詞と分綴
 存在を表す表現いろいろ
5:
第5回
提案をめぐる表現
6:
第6回
接続語句の用法
7:
第7回
前綴りと後綴り
 動詞の名詞化
8:
第8回
冠飾句
9:
第9回
比較の表現
10:
第10回
手順の説明
11:
第11回
不定関係代名詞
12:
第12回
好みや印象の伝え方
13:
第13回
接続法一式
14:
第14回
議論の表現さまざま
15:
第15回
まとめ
教科書  毎回、担当教員がプリントを配付します。
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 60%  独文和訳の試験です。
レポート: 20%  毎回ドイツ語で数行のリアクションペーパーを書いてもらいます。初めはメモ書き程度で結構。書く習慣をつけるのが目的です。
平常点評価: 20%  授業への意欲的な取り組みを評価します。
その他: 0%  

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read