cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2018年度 開講箇所 文化構想学部
科目名
複合文化論系演習(民族文化論)

担当教員 寺崎 秀一郎
学期曜日時限 春学期  火2時限
科目区分 専門演習(複合) 配当年次 2年以上 単位数 2
使用教室 31-02 キャンパス 戸山
科目キー 2331523009 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード ANTC281S
大分野名称 人類学
中分野名称 文化人類学
小分野名称 その他
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2018/03/01 16:55:23

授業概要  文化や民族という概念はア・プリオリに存在するものではなく、それらを担う人間集団によって歴史的に形成されたものであり、自己と他者との差異に基づく分類ということになる。この差異、すなわち、文化や民族を規定するものは何だろうか。たとえば、言語は文化や民族集団を識別する手がかりとはなるが、現実には、同一民族集団としての認識を持ちつつも、異なる言語を使用している例、あるいはその逆、なども知られていることから、言語は自らの文化や民族と他と識別する「アイデンティティ」としては不十分である。
 そこで、本演習では、文化や民族を規定する「アイデンティティ」として世界認識の方法に着目し、その歴史的背景や自然環境、場合によっては隣接する他集団との関係、あるいは、世界の秩序を説明するためのマニュアルとしての神話などについて、各地の事例を比較検し、「アイデンティティ」の生成と受容について文化人類学的なアプローチによって明らかにする。
授業の到達目標  「私たち」と「彼ら」の間にはどのような異同が存在するのか。多様な人類社会のあり方について、自ら問題を設定し、読み解くための文化人類学の手法を学ぶ。
事前・事後学習の内容  研究報告担当者は担当回の3日前、すなわち、金曜日までにレジュメをコースナビ上にアップロードしてください。他の受講生はそのレジュメを事前読了の上、質問、意見等を準備して授業に臨んでください。研究報告、事前読了を平均すると各回、120分程度の予習が必要と思われます。
授業計画  本演習では、受講生の人数により、個人、またはグループでの研究報告を主とし、それを受けて、参加者全員による討議をおこなう。
 第1回 オリエンテーション
 第2回 「他者」との境界に関する解説
 第3回 テーマ設定と分担について
 第4回 研究報告と討議
 第5回 研究報告と討議
 第6回 研究報告と討議
 第7回 研究報告と討議
 第8回 研究報告と討議
 第9回 研究報告と討議
 第10回 研究報告と討議
 第11回 研究報告と討議
 第12回 研究報告と討議
 第13回 研究報告と討議
 第14回 研究報告と討議
 第15回 まとめ
教科書  特に指定しない。
参考文献  適宜、教場に指示。
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 0%  実施しない
レポート: 0%  実施しない
平常点評価: 100%  出席状況、ならびに研究報告の達成度、討議への参加状況等によって総合的に判断する。出席については、受講後、一定期間内にレビューシートを記入すること。レビューシートの記入をもって出席とする。
その他: 0%  特になし

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read