cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2018年度 開講箇所 文化構想学部
科目名
複合文化論系演習(東アジアの思想世界)

担当教員 土田 健次郎
学期曜日時限 春学期  木3時限
科目区分 専門演習(複合) 配当年次 2年以上 単位数 2
使用教室 32-227 キャンパス 戸山
科目キー 2331524014 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード PHLE251S
大分野名称 哲学
中分野名称 東洋哲学
小分野名称 儒教
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2018/03/01 16:55:23

副題 東アジアの思想世界
授業概要  東アジア近世の思想文化流動を取り上げる。中国の宋代に新たに起こった新儒教(Neo-Confucianism)は、仏教や道教の問題意識や議論形態をも取り込みつつ、それまで無かった体系性の強い哲学を構築した。本授業ではその代表である朱子学をはじめ、その対抗者である明の陽明学や明清の気の哲学を順次見ていく。またこれらの思想が中国をこえて東アジア全体に広がり、各地で新たな思想現象を引き起こしていく様相も追う。例えば日本に関しては、江戸時代における反朱子学の諸思想や、更に反儒教の立場を取る国学の思想の持った意味を考察する。これによって、東アジア各地が思想言語を共有しながら独自の思想を紡ぎ出していく過程が浮き上がればと思っている。
 本演習は、ディプロマポリシーに則り、文化研究の方法を専門的、実践的に学ぶものであり、またカリキュラムポリシーに則り、文献講読を通して文化研究の学力を確かなものにすることを目的とする。
授業の到達目標  東アジア近世の思想世界についての基礎的知識を得るとともに、この場で生生されていった個々の思想に対する理解を深める。またそれによって、東アジア思想の持つ普遍性と地域性の両面を把握していく。
授業計画
1:
第1回 授業の目的と概要
東アジア近世思想概観。
2:
第2回 中国・朱子学の理
『朱子語類』の選読。
3:
第3回 中国・朱子学の理
『朱子語類』の選読。
4:
第4回 中国・朱子学の理
『朱子語類』の選読。
5:
第5回 中国・陽明学の心
『伝習録』の選読。
6:
第6回 中国・陽明学の心
『伝習録』の選読。
7:
第7回 中国・陽明学の心
『伝習録』の選読。
8:
第8回 戴震の気
『孟子字義疏証』の選読。
9:
第9回 戴震の気
『孟子字義疏証』の選読。
10:
第10回 日本・伊藤仁斎の道
『童子問』の選読。
11:
第11回 日本・伊藤仁斎の道
『童子問』の選読。
12:
第12回 日本・荻生徂徠の道
『弁道』の選読。
13:
第13回 日本・荻生徂徠の道
『弁道』の選読。
14:
第14回 日本・本居宣長の「もののあはれ」
『玉くしげ』の選読。
15:
第15回 日本・本居宣長の「もののあはれ」
『紫文要領』の選読。
教科書  教室で配布するプリント。
参考文献  土田健次郎『儒教入門』(東京大学出版会)、土田健次郎『江戸の朱子学』(筑摩選書)。
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 0%  行わない。
レポート: 50%  第15回目の授業の時にレポートを提出する。
平常点評価: 50%  テキストの読解と思想的理解、また授業への参加姿勢を見る。
その他: 0%  なし。
備考・関連URL  原典を読みながら授業を行うが、原典解読に慣れていない受講生のことも配慮する。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read