cheader

View Syllabus Information

View Syllabus Information

  • Even after classes have commenced, course descriptions and online syllabus information may be subject to change according to the size of each class and the students' comprehension level.

main start

Course Information

Year 2019  School School of Culture, Media and Society
Course Title
Methods of Case Study (CHS Advanced Seminar)

Instructor ATSUTA, Keiko
Term/Day/Period spring semester  Wed.3
Category Advanced Seminars (CHS) Eligible Year 3rd year and above Credits 2
Classroom 32-322-2 Campus Toyama
Course Key 2331553001 Course Class Code 01
Main Language Japanese
  Course Code CMFM331S
First Academic disciplines Composite Fields Studies
Second Academic disciplines Human
Third Academic disciplines Human Development
Level Advanced, practical and specialized Types of lesson Seminar
  Course Code SOCX321S
First Academic disciplines Sociology
Second Academic disciplines Sociology
Third Academic disciplines Social Research
Level Advanced, practical and specialized Types of lesson Seminar

Syllabus Information

Latest Update:2019/03/05 16:52:50

Subtitle フィールドワーク・質的調査の基礎知識と実習
Course Outline  質的研究を行なう際には、「客観性」、「科学性」に対する量的調査研究や自然科学モデルの研究と異なる立場について理解し、研究者自身の無意識の前提、社会的な立場(とそれが及ぼす調査への影響)などを常に問いなおさねばならない。

 また、インタビュー、フィールドワークなど、生身の人とかかわる研究においては、研究に協力していただく方への倫理的配慮、研究者自身の身の守り方などを含め、様々な実際的な注意が必要になる。

 本講義では、こうした様々な質的調査・研究法の方法論の特性を知り、学生が自らの研究テーマにあった調査法を見つけることを目的とする。
 各回様々なケースワーク、グループワーク、実習を交えながら、質的研究を行うものにとって必要な態度や技法について学ぶので、各学生の積極的な参加を期待する。
 また、適宜課外活動を課すことがありえるので、あらかじめ了解すること。
Objectives  各自がゼミ論などで将来研究したいテーマにあった質的調査・研究法を見つけること。
before/after course of study  授業で配布するプリント等を熟読すること。
Course Schedule  1.質的調査・研究法とは―様々な調査法
 2.方法論って何? ――研究における方法論の役割を理解する
 3.「問い」をたてる、研究計画を書く
 4~7.様々なエスノグラフィー、技法について学ぶ、フィールドノートを書いてみる
 8~9.調査における倫理的課題――「迷惑」と「侵害」の違い、フィールドにおけるセクハラなど
 10~14.ケーススタディと分析
 15.まとめ

 ※授業計画・内容は受講者の理解度、興味に応じて適宜変更の可能性がある。
Textbooks  藤田結子・北村文 編、2013、『ワードマップ 現代エスノグラフィー――新しいフィールドワークの理論と実践』、新曜社
Evaluation
Rate Evaluation Criteria
Exam: 0%  
Papers: 45%  期末レポートを課す。
Class Participation: 35%  授業時に課す小課題や授業への参加度、毎回のコメントシート記入で評価する
Others: 20%  演習内での課題への取り組み、発表などで評価する。

Top of Page

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read