cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2018年度 開講箇所 文化構想学部
科目名
言語文化ゼミ(ことばの歴史・ことばの地理) (春学期) 

担当教員 上野 和昭
学期曜日時限 春学期  火3時限
科目区分 論系ゼミ 配当年次 3年以上 単位数 2
使用教室 31-311研究指導室 キャンパス 戸山
科目キー 23Z2522001 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LNGH481S
大分野名称 言語学
中分野名称 歴史言語学
小分野名称 その他
レベル 総仕上げ 授業形態 演習/ゼミ
  コース・コード LNGA481S
大分野名称 言語学
中分野名称 応用言語学
小分野名称 その他
レベル 総仕上げ 授業形態 演習/ゼミ
  コース・コード LNGT481S
大分野名称 言語学
中分野名称 理論言語学
小分野名称 その他
レベル 総仕上げ 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2018/03/01 16:55:23

副題 地域言語調査実習とゼミ論構想の発表
授業概要  このゼミは3・4年生合同で行うものです。そのためにゼミ論構想の指導と地域言語調査実習指導とを並行して行います。
 地域言語調査の方法と実際とを学び、各自の問題意識に応じて調査地・調査項目を設定して調査研究を行なえるようにします。共同で実地に調査したデータはそれぞれに分析して、調査報告書を作成します。
 また4年生は、ゼミ論の構想を発表し、質問や意見を出してもらって、質の向上につとめることにします。
授業の到達目標  ○ゼミ論構想を練って、より高いレベルのゼミ論を作成できるようになる。
 ○地域言語の実態を調査する方法を身につけ、その調査データを整理して考察できるようになる。
授業計画
1:
第1回
授業構想の説明
2:
第2回
言語調査地域の選定
3:
第3回
〔ゼミ論構想の発表〕1
4:
第4回
選定した調査地域の方言概説
5:
第5回
〔ゼミ論構想の発表〕2
6:
第6回
言語調査目的の設定
7:
第7回
〔ゼミ論構想の発表〕3
8:
第8回
調査項目の検討
9:
第9回
〔ゼミ論構想の発表〕4
10:
第10回
調査用紙の作成
11:
第11回
〔ゼミ論構想の発表〕5
12:
第12回
〔合宿〕言語調査実習
13:
第13回
調査記録の整理
14:
第14回
調査記録の考察
15:
第15回
調査記録の考察とまとめ
教科書  とくに定めません。適宜プリントを配布したり、データをCourseN@vi上に掲示したりします。
参考文献  多岐にわたるので、教室で提示します。
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 0%  とくに予定していません。
レポート: 50%  レポートの課題、分量、提出方法などは、初回の授業において説明します。
平常点評価: 50%  毎回の授業に積極的に参加し、自己の考えを発表するのみならず、ほかの学生の考えにも見解を述べることを要求します。そのような授業への参加の様子を評価します。
その他: 0%  とくにありません。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read