cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 文学部
科目名
西洋史概論1

2-2_【文学・文構_合併】

担当教員 松園 伸 他/井上 文則/小森 宏美/甚野 尚志
学期曜日時限 春学期  土1時限
科目区分 講義 配当年次 2年以上 単位数 2
使用教室 31-208 キャンパス 戸山
科目キー 2421760007 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード HISE201L
大分野名称 歴史学
中分野名称 ヨーロッパ史
小分野名称 概論
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/05 16:54:16

授業概要  ヨーロッパの古代から現代までの歴史の流れについて、4人の教員がそれぞれの専門の立場から概説を行います。内容はあくまで入門的なものですが、現在の西洋史研究の動向を反映した概説となります。これから西洋史を深く学びたい学生だけでなく、教養として西洋史の知識を身に付けたい学生にとっても受講して十分理解できる授業です。
授業の到達目標  ヨーロッパ史の古代から現代への歴史の流れを理解する。
授業計画
1:
第1回
(井上文則)建国伝説と王政期のローマ
2:
第2回
(井上文則)共和政期のローマ1
3:
第3回
(井上文則)共和政期のローマ2
4:
第4回
(井上文則)共和政期のローマ3
5:
第5回
(甚野尚志)中世ヨーロッパ世界の成立
6:
第6回
(甚野尚志)封建制と貴族・王権
7:
第7回
(甚野尚志)中世都市の成立と発展
8:
第8回
(甚野尚志)11世紀の教会改革と宗教運動
9:
第9回
(松園伸) 18世紀イングランド 「言論の世」1 マスメディアの発達
10:
第10回
(松園伸) 18世紀イングランド 「言論の世」2 マスメディアの役割分化
11:
第11回
(松園伸) 18世紀スコットランド イングランド・スコットランド合同の原因とそれがもたらしたもの
12:
第12回
(松園伸) 18世紀スコットランド都市
13:
第13回
(小森宏美)東欧のナショナリズム(19世紀から第一次世界大戦)
14:
第14回
(小森宏美)少数民族文化自治と国民国家(両大戦間期の東欧・ロシア)
15:
第15回
(小森宏美)冷戦後の歴史認識問題(旧ソ連・東欧諸国を対象に)
教科書  使用しない
参考文献  授業で指示する。
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 0%  実施しない
レポート: 50%  コースナビを使い、最後にレポートを提出する。
平常点評価: 50%  毎回出席を取る。出席し各回の授業を聴講することを評価する。
その他: 0%  なし

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read