cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2016年度 開講箇所 文学部
科目名
速習ドイツ語1

4-2_【文学・文構・一文・二文_合併】

担当教員 前川 一貴
学期曜日時限 春学期  火5時限
科目区分 選択外国語(ドイツ語) 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 33-438 キャンパス 戸山
科目キー 2423020037 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LANG101F
大分野名称 語学
中分野名称 ドイツ語
小分野名称 ドイツ語
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 外国語

シラバス情報

最終更新日時:2016/03/01 15:20:27

副題 アルファベットから接続法まで
授業概要  ドイツ語を初めて学ぶ学生向けの講座です。半期週1回の授業で基本的な文法事項を一通り習うことができます。授業回数が少ないので、どうしてもグラマーの解説を優先することになりますが、聞き取りや会話の練習も効果的に取り入れて、知識から実践への橋渡しができればと考えています。「ドイツ語を原書で読みたい」、「ドイツ語で会話してみたい」、「ドイツ語を身に付けてドイツ文化に近付きたい」という気持ちが少しでもあるなら、若い頃に消化した文法知識は将来の可能性を広げてくれます。ぜひドイツ語にチャレンジしてみて下さい。
授業の到達目標  ドイツ語文法の基礎を習得する。
事前・事後学習の内容  毎回、授業が終わったら、Course N@viで小テスト(制限時間:10分程度)を受けてもらいます。その問題は教科書に載っている会話文や練習問題をもとに作成します。
授業計画  第1回 アルファベット、発音の原則、挨拶
 第2回 動詞の現在人称変化
 第3回 名詞と冠詞の格変化・名詞の複数形
 第4回 不規則動詞の現在人称変化・命令形・人称代名詞
 第5回 定冠詞類・不定冠詞類
 第6回 前置詞の格支配
 第7回 話法の助動詞・分離動詞・接続詞
 第8回 動詞の三基本形・過去形・現在完了形
 第9回 再帰表現・zu不定詞
 第10回 形容詞の格変化・比較表現
 第11回 受動態・分詞
 第12回 関係代名詞・過去完了形
 第13回 接続法
 第14回 予備日
 第15回 教場試験(「理解度の確認」)
教科書  前田良三/高木葉子 『ドイツ語ナビゲーション』、朝日出版社。
参考文献  辞書などは授業中に紹介します。
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 40%  教場試験(第15回の授業中に実施)
レポート: 0%  なし
平常点評価: 60%  出席:30%、授業後の小テスト(Course N@viを利用):30%
その他: 0%  なし
備考・関連URL  ・単位を取得するには、授業回数の3分の2以上の出席が必要です。
 ・カリキュラムの都合上、初回の授業から教科書を使用します。
 (二次登録・三次登録での受講を考えている場合には、こちらで対応します。)

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read