cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2016年度 開講箇所 文学部
科目名
速習ドイツ語2

4-2_【文学・文構・一文・二文_合併】

担当教員 柳橋 大輔
学期曜日時限 秋学期  水6時限
科目区分 選択外国語(ドイツ語) 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 31-203 キャンパス 戸山
科目キー 2423020038 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LANG101F
大分野名称 語学
中分野名称 ドイツ語
小分野名称 ドイツ語
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 外国語

シラバス情報

最終更新日時:2016/03/01 15:20:27

副題 アルファベットから接続法へ
授業概要  ドイツ語を初めて学ぶ学生、とりわけ第二外国語としてドイツ語以外の外国語を選択した学生を主な対象とし、ドイツ語初級文法の重要事項を一学期という短期間のうちにひととおり学習することを目的とする速習講座です。
授業の到達目標  ドイツ語を運用するための基礎となる知識を習得すること。なお、効率的な学習のためには、たとえばドイツ語技能検定(独検)など、自分なりの具体的な目標を設定することも有効です。
事前・事後学習の内容  一般的な初級外国語の授業とは異なり、本講座の中心をなすのは、教科書や付属のCD、そしてウェブ上の補助教材を用いて受講生のみなさんが授業に先立って各自で行なう予習です。授業では、受講生のみなさんが予習の際にとりくんだ教科書の練習問題の回答をチェックしながら、間違いやすい点や質問があった点等について重点的に補足説明を行なうことにより、知識を効果的に定着することを目指します。
 こうした授業(いわゆる「反転授業」)の性格上、受講生のみなさんが毎回しっかりと予習をしてくることが授業運営の大前提となります。意欲あるみなさんの参加を期待しています。
授業計画
1:
第1回:オリエンテーション
 
2:
第2回:文字と発音
 
3:
第3回:動詞の現在人称変化と語順
 
4:
第4回:名詞の性と格変化(1格と4格)、重要な動詞
 
5:
第5回:不規則動詞の現在人称変化、名詞の複数形と3格
 
6:
第6回:前置詞、副文
 
7:
第7回:人称代名詞の3・4格と再帰代名詞、再帰動詞、名詞の2格
 
8:
第8回:冠詞類
 
9:
第9回:zu不定詞、分離動詞、話法の助動詞
 
10:
第10回:過去形・現在完了形、受動態
 
11:
第11回:形容詞の格変化、比較級と最上級
 
12:
第12回:関係代名詞、命令形
 
13:
第13回:接続法
 
14:
第14回:文法の補足・復習
 
15:
第15回:学期末試験
 
教科書  清野智昭『ドイツ語の時間〈話すための文法〉web練習問題付』、朝日出版社、2016年。
参考文献  独和辞典を必ず毎回持参してください(ただし電子辞書はお薦めしません)。その他の参考文献は授業中に適宜指示します。
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 50%  受験しない場合には単位の認定はできません。
レポート: 0%  
平常点評価: 50%  授業への積極的な参加
その他: 0%  なお、授業回数の3分の2以上の出席が成績評価の前提条件です。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read