cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2016年度 開講箇所 文学部
科目名
第三外国語としてのドイツ語2

4-2_【文学・文構・一文・二文_合併】

担当教員 村井 浩一
学期曜日時限 秋学期  木3時限
科目区分 選択外国語(ドイツ語) 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 33-431 キャンパス 戸山
科目キー 2423020070 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LANG101F
大分野名称 語学
中分野名称 ドイツ語
小分野名称 ドイツ語
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 外国語

シラバス情報

最終更新日時:2016/03/01 15:20:27

授業概要  初めてドイツ語を学ぶ人のための入門コースです。週一回、通年の授業(春学期・秋学期連続)で基本文法を一通り習得し、今後さらに本格的に表現力や読解力を磨いていくための確かな基盤を築くことを目指します。他の外国語を学習している皆さんに、深い奥行きを持ったドイツ語の世界にもぜひ触れていただきたいと思っています。ドイツ語を他の言語と比べることで、背景にある文化や発想の違いを発見することもできるでしょう。秋学期は春学期に学んだ事項を土台に、教科書の後半部分(第7課から第12課)を学習します。
授業の到達目標  基本文法を一通り習得し、日常よく使われる言い回しを覚え、比較的平易な文章を辞書を用いて読解できるようにする。
授業計画
1:
第1回
春学期に学んだ事項の確認。
 授業は別記の教科書にそって進めますが、随時補助的なプリントも配布します。
2:
第2回
分離動詞(1)(教科書第7課)
3:
第3回
分離動詞(2)(教科書第7課)
4:
第4回
話法の助動詞(1) (教科書第8課)
5:
第5回
話法の助動詞(2)(教科書第8課)
6:
第6回
zu 不定詞 (教科書「補足」部分)
7:
第7回
動詞の3基本形
 過去形(教科書第9課)
8:
第8回
現在完了形(教科書第9課)
9:
第9回
受動態(教科書第10課)
10:
第10回
受動態(教科書第10課)
11:
第11回
関係文(教科書第11課)
12:
第12回
関係文(教科書第11課)
13:
第13回
接続法(1)(教科書第12課)
14:
第14回
接続法(2)(教科書第12課)
15:
第15回
理解度の確認
教科書  大薗正彦 著:『総合学習・異文化理解のドイツ語』(朝日出版社)
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 70%  学期末に筆記試験を実施します(教科書で学習した内容を出題。辞書持ち込み不可)
レポート: 0%  
平常点評価: 30%  随時指名して、自宅で授業準備をきちんと行っているか確認します。授業への真摯な取り組みを評価します。
その他: 0%  

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read