cheader

View Syllabus Information

View Syllabus Information

  • Even after classes have commenced, course descriptions and online syllabus information may be subject to change according to the size of each class and the students' comprehension level.

main start

Course Information

Year 2019  School School of Humanities and Social Sciences
Course Title
Seminar in Education 14(Graduation Thesis)

Instructor HOSOGANE, Tsuneo others/UMEMOTO, Hiroshi/MURATA, Akiko
Term/Day/Period fall semester  othersothers
Category Required Seminars Eligible Year 3rd year and above Credits 2
Classroom   Campus Toyama
Course Key 2431651002 Course Class Code 01
Main Language Japanese
  Course Code EDUX399S
First Academic disciplines Education
Second Academic disciplines Education
Third Academic disciplines Graduation Paper/Master's Thesis/Doctoral Thesis
Level Advanced, practical and specialized Types of lesson Seminar

Syllabus Information

Latest Update:2019/03/05 16:54:16

Subtitle 卒業論文のテーマ探究・設定
Course Outline  本演習は、各自が卒論の研究テーマを明確に設定することを目標にしている。各自が関心や興味をもっている研究領域に即して、しかるべき担当教員のもとにわかれ、グループ単位であるいは個人単位で指導を受ける。
Objectives  本演習の到達目標は、各自が取り組みたいと思っている問題に関する主要な学説とその位置づけを把握して問題意識を研ぎ澄まし、卒論執筆の具体的展望を確立することである。
Course Schedule  第1回 ガイダンス
 第2回 学生による報告発表(1)
 第3回 学生による報告発表(2)
 第4回 学生による報告発表(3)
 第5回 学生による報告発表(4)
 第6回 学生による報告発表(5)
 第7回 学生による報告発表(6)
 第8回 学生による報告発表(7)
 第9回 学生による報告発表(8)
 第10回 学生による報告発表(9)
 第11回 学生による報告発表(10)
 第12回 教育学研究発表大会への出席
 第13回 教育学研究発表大会への出席
 第14回 教育学研究発表大会への出席
 第15回 教育学研究発表大会への出席
Textbooks  使用しない。
Reference  必要に応じて適宜授業時に紹介する。
Evaluation
Rate Evaluation Criteria
Exam: 0%  
Papers: 0%  担当教員によって授業中にレポート等を課す場合がある。
Class Participation: 100%  授業における発表や出席状況等を総合的に勘案して成績評価を行う。
Others: 0%  1月末に開催される教育学研究発表大会への参加を授業の出席4回分にカウントする。
Note / URL  コースナビのお知らせ機能を用いて、重要事項に関する連絡を行うので、特に学期始めなどは充分に注意されたい。なお卒業論文の仮指導については担当教員に確認すること。

Top of Page

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read