cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 文学部
科目名
日本語日本文学演習4 D(古典文学)

担当教員 和田 琢磨
学期曜日時限 秋学期  月3時限
科目区分 必修演習 配当年次 2年以上 単位数 2
使用教室   キャンパス 戸山
科目キー 2431661010 科目クラスコード 04
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LITJ231S
大分野名称 文学
中分野名称 日本文学
小分野名称 日本中世文学(韻文・散文)
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/05 16:54:16

副題 『平家物語』を読む
授業概要  『平家物語』は鎌倉時代に成立した軍記物語である。中学・高校の教科書にも採用されていることから、部分的には読んだことがある人も多いと思うが、全12巻を通読したことがある人は少ないであろう。この物語は、歴史的事実を踏まえつつ、創作を加えて物語の世界を構築している。その手法と意図を解き明かしていくことで、『平家物語』の魅力を考えてみたい。
 また、諸本といって、『平家物語』にはいくつもの異なる種類の本文がある。同じ『平家物語』でありながら諸本間で随分と物語の内容が違うこともあるのだ。そのような違いはなぜ生じたのか。逆に、諸本で共通する内容はどのようなことなのか。そのような点にも注目すると、人々の『平家物語』に対する多様な興味関心の問題が見えてくるのである。
 このように、物語を丁寧に読み、その基礎となった歴史資料等と比較分析し、さらには諸本間の表現世界の違いにまで目を配ることで、『平家物語』が持つ豊かな魅力について考えて見たい。今年度は木曾義仲の挙兵や平家一門の都落ちが語られている巻7・8を扱う予定である。
授業の到達目標  『平家物語』の文学史的特徴を理解する。また、『平家物語』のみならず広く中世文学・歴史文学作品を調査する際に必要とされる調査方法を体得する。
事前・事後学習の内容  発表者には1週間前までには資料を作成し、参加者に配布してもらう。参加者はその資料をしっかりと読んでおくこと。
授業計画  最初に、『平家物語』についての概説を行うほか、演習の進め方や調べ方について講義する。発表者には、各自が関心を抱いた章段を1つ取り上げ、そこから見いだした問題点について調査・発表をしてもらう。詳細については、演習参加者人数等を勘案し、最初の授業の時に説明する。
教科書  佐伯真一校注『平家物語(下)』(三弥井古典文庫)。
参考文献  日下力他編『平家物語大事典』(東京書籍)が総合的な事典である。そのほか、詳細については授業で紹介する。
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 0%  なし
レポート: 30%  『平家物語』を読んで発見したことについて調べてもらう。A4用紙横長に、縦書き(1枚40字×30行)で、本論3枚以上、表紙と注を別に付けること。また、「序論」「本論」「結論」というレポートの形式を踏まえた文章にすること。
平常点評価: 70%  発表(40 %)、授業への参加状況(30%)
その他: 0%  なし
備考・関連URL  自分自身の問題意識と重ね合わせながら、物語を丁寧に読んでもらいたい。その上で、演習参加者には積極的に意見交換をしてもらいたい。また、授業期間内に、『平家物語』を通読することを強く希望する。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read