cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2017年度 開講箇所 基幹理工学部
科目名
基礎の数学 基幹(1)-II

担当教員 斉藤 郁夫
学期曜日時限 春学期  火4時限
科目区分 数学 必修 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 53-403教室 キャンパス 西早稲田(旧大久保)
科目キー 2600210001 科目クラスコード 02
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード MATX10ZL
大分野名称 数学
中分野名称 数学
小分野名称 数学
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2017/03/02 16:08:18

授業概要

高校で学んだ数学と、大学で学ぶ数学とのギャップを埋め、理工学の基礎である線形代数や微積分の学びへの橋渡しをするのを目的としています。

高校の数学と違い、大学の数学では計算だけでなく論理の組み立てを理解し、使いこなせることが要求されます。

数学の基本的な言葉である集合、写像および論理の概念の意味と使い方を理解し、ベクトル、行列と一次変換および複素数と複素平面等を題材にして体得します。

授業の到達目標 大学で学んでゆく数学の基礎を習得し、また数学を学ぶことを通じて論理的な思考を身に着けることを目標にしています。

数学の基本的な言葉である集合・写像・論理の言葉が理解できるようになる。
さらにベクトル、平面と平面図形、一次変換、2次の行列、複素数と複素平面の概念が理解できるようになる。

理解するとは、基本的な概念の定義を述べることができ、その例を挙げることができ、その分野の基本的な定理を述べて結果について議論することができること、、またそれらの応用ができることを意味します。
以上が本授業の到達目標です。
事前・事後学習の内容  ・授業時間の前に、前回の講義内容の定義、定理を理解し記述できるようにする。
  そして、理解できていないところが出てくれば授業中に質問できるように準備する。

 ・事後学習として、授業で学んだ定義や定理をよく読み、教科書の該当箇所の例題や問題を解き、疑問点があれば質問できるように準備して  おくこと。

  普通の学力の人では、事前学習に90分、事後学習に90分かかる。

  高校の数学、受験の数学の気分が抜けないで、正解を覚えようとする人が絶えない。これでは社会に出たときに役に立ちません。講義
  で学習した内容、特に定義およびているに基づいての議論に重点を置いているので、しっかり事前学習をして授業に臨むこと。
授業計画

以下の内容の講義を行う。
[1]
イントロダクション、集合と写像

[2] 数の性質および写像の性質 

[3] 論理と 

[4] 証明法

[5] 平面幾何学とよび空間幾何学とベクトル

[6] 平面と空間(平面・空間図形と方程式)

[7] 計量、内積および外積 

[8] 平面図形と一次変換

[9] 一次変換と2次の行列

[10] 平面2次曲線の分類と行列

[11] 空間図形と一次変換

[12]  一次変換と長さ・角・体積

[13] 複素数と複素平面

[14] 複素平面と極座標形式

[15] 一次関数

 ※第16週に定期試験を行います 

(上記1項目は必ずしも1講義の内容を表すものではありません)
講義を中心に進めますが、必要に応じて、演習の時間を設けることがあります。

また学生の習熟度に応じて内容を変更することがあります。


教科書 「大学新入生のための基礎数学」 米田 元・本間 泰史・高橋大輔 著、サイエンス社、2010

参考文献 授業中に、必要に応じて紹介します。
成績評価方法 試験 85% ・第16週目に定期試験を実施します。
通常点評価 15% ・授業の理解度確認のために、一つの主題が終わるごとに復習テストを実施します。
             また授業中に基本的な定義および定理に基づいて議論を行い理解度確認します。
以上の合計点により、合否を判定し、合格者内では相対評価を行います。


備考・関連URL

 授業中に私語や携帯操作をして注意をされた場合は、平常点が無くなる上に、理解度を確認する際に減点するので、十分留意すること。

また授業中に基本的な定義および定理に基づいて議論を行い理解度を確認するので十分に事前準備を行って授業に臨むこと。

以上は、授業中に議論が進まないこと、復習テストができない人が多いこと、
レポートの解答に教科書の略解を丸写しにして手を抜いている人が目立つにもかかわらず、学生授業アンケート結果において
事前・事後の学習に費やした時間の平均が30分未満で、
十分に準備をしたと思うと答えた人が少なからずいたので、特に強調した。


ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2018.All rights reserved.

read