cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2015年度 開講箇所 基幹理工学部
科目名
ディジタルシステム設計

担当教員 戸川 望
学期曜日時限 冬クォーター  月4-5
科目区分 専門選択 配当年次 4年以上 単位数 2
使用教室 61-104教室 キャンパス 西早稲田(旧大久保)
科目キー 2603034021 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード INFB41ZL
大分野名称 情報学
中分野名称 アーキテクチャと計算機構成
小分野名称 一般
レベル 総仕上げ 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2015/01/15 11:02:33

授業概要 【IPSE + RPSE】
システム設計、とりわけその上位レベル設計に着目し,基本理論および実践的な設計方法論,加えて設計アルゴリズムとデータ構造に関して習得することを目的とする.上位レベル設計技術として,システム分割,ハードウェア/ソフトウェア協調設計,高位設計(スケジューリング・アロケーションを含むデータパス設計ならびに制御論理設計)などを取り上げる.また適宜最新のトピックスも取り上げる.

This course focuses on a system design, particularly a high-level system design. It provides basic and practical system design methodologies as well as their data structures and algorithms, including system partitioning, hardware/software codesign, and scheduling/binding. This course also picks up advanced and recent research topics on this area.
授業の到達目標 上位レベルシステム設計の基本理論および実践的な設計方法論,設計アルゴリズムとデータ構造に関して習得する.

Understand the basic and practical system design methodologies as well as their data structures and algorithms of a system design, particularly a high-level system design.
授業計画
1. 導入
2. システム設計のためのアーキテクチャモデル
3. スケジューリングアルゴリズム1
4. スケジューリングアルゴリズム2
5. バインディングアルゴリズム1
6. バインディングアルゴリズム2
7. これまでの復習1
8. 分割アルゴリズム1
9. 分割アルゴリズム2
10. 最先端の高位合成技術1 
11. 最先端の高位合成技術2 
12. 最先端の高位合成技術3 
13. 最先端の高位合成技術4 
14. これまでの復習2
15. 総まとめ

1. Introduction
2. Architectural model for system design
3. Scheduling algorithm 1
4. Scheduling algorithm 2
5. Binding algorithm 1
6. Binding algorithm 2
7. Review 1
8. Partitioning algorithm 1
9. Partitioning algorithm 2
10. Advanced topics on high-level synthesis 1
11. Advanced topics on high-level synthesis 2
12. Advanced topics on high-level synthesis 3
13. Advanced topics on high-level synthesis 4
14. Review 2
15. Summary
参考文献 ・D. Gajski, et al., High-Level Synthesis: Introduction to Chip and System Design, Kluwer Academic Publishers, 1992.
成績評価方法
割合 評価基準
レポート: 100% 成績評価は複数回のレポートによって行います.

Grades are evaluated on several reports.
備考・関連URL 週2コマの講義を行います.後期の後半にこの講義を実施します.後期前半に「計算機支援設計」(柳澤先生)を実施します.この講義と「計算機支援設計」は同時履修可能です.
できるだけ「計算機支援設計」を合わせて履修して下さい.また講義予定はCourse N@viに掲示しますので,参照して下さい.

Students taking this course should have the basic knowledge on CMOS design such as in the book below:
Neil H. E. Weste and David Money Harris, CMOS VLSI Design: A Circuits and Systems Perspective, Addison Wesley, 2011
(ISBN-10: 0321547748, ISBN-13: 978-0321547743)
For detailed course schedule, please see Course N@vi .

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read