cheader

View Syllabus Information

View Syllabus Information

  • Even after classes have commenced, course descriptions and online syllabus information may be subject to change according to the size of each class and the students' comprehension level.

main start

Course Information

Year 2019  School School of Creative Science and Engineering
Course Title
Research Seminar A1

Instructor OHNO, Takahiro/KISHI, Tomoji/KITO, Tomomi/KOMATSUBARA, Akinori/GOTO, Masayuki/SHIINA, Takayuki/TAKATA, Shozo/TAKAHASHI, Shingo/TANIMIZU, Yoshitaka/NAGATA, Yasushi/HASUIKE, Takashi/HISHIYAMA, Reiko/MUNECHIKA, Masahiko/YOSHIMOTO, Kazuho
Term/Day/Period spring semester  othersothers
Category Compulsory Subjects Eligible Year 4th year and above Credits 2
Classroom   Campus Nishi-Waseda(Former: Okubo)
Course Key 2703014003 Course Class Code 01
Main Language Japanese
  Course Code MGTX49ZS
First Academic disciplines Industrial Engineering
Second Academic disciplines Industrial Engineering
Third Academic disciplines Graduation Paper/Master's Thesis/Doctoral Thesis
Level Final stage advanced-level undergraduate Types of lesson Seminar

Syllabus Information

Latest Update:2019/01/23 10:58:30

Course Outline

本科目は、卒業研究(論文)と関連して、経営システム工学および各専門領域における具体的な方法論・スキルと、幅広い専門知識と教養の習得を目標とする。

課題は指導教員が指示するが、基本的に以下を扱う。

・研究の進め方に関する具体的なスキルの獲得(文献検索の仕方、文献のまとめ方、文書・論文のまとめ方、引用の仕方、プレゼンテーションの仕方など)。

・図書・論文・外国語文献の輪講、指導書等の分担講読、発表等を通じた、研究にかかわる知識の獲得

・統計解析ソフト、シミュレーションソフト、作図ソフトなど各種ソフトウエアの習得

・社会人になるにあたっての、研究室生活態度(5S、生活習慣等)の涵養、研究室マネジメントについての理解と実践

なお、合宿、工場などの施設見学、OBOGの来訪を頂いての討論、学会参加・発表なども臨機に行う。

 

Objectives ・文献検索の仕方、文献のまとめ方、文書・論文のまとめ方、引用の仕方、プレゼンテーションの仕方など、研究の進め方に関する具体的なスキルを獲得すること
・図書・論文・外国語文献の輪講、指導書等の分担講読、発表等を通じ、研究にかかわる知識を獲得すること
・統計解析ソフト、シミュレーションソフト、作図ソフトなど各種ソフトウエアの使用方法を習得すること
・社会人になるにあたっての心構えとして、研究室生活態度(5S、生活習慣等)を涵養すること、研究室マネジメントについて理解し実践すること
before/after course of study 文献検索・検討内容・資料作成
コメントのフィードバックと発展
Course Schedule

具体的には各指導教員の指示によるが、15回の授業回数に相当する以下の演習を行う。

・定期的なゼミへの参加と発表

・合宿、見学など学外活動

・指導教員から指示された課題活動

 

Textbooks 各教員が指示する
Reference 各教員が指示する
Evaluation 演習の参加態度(出席状態、討議などへの関与の状況等)、および演習の成果をもとに評価する。
なお、欠席が4回以上に及ぶもの(出席率が80%に満たないもの)には単位は与えられない。

Top of Page

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read