cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2017年度 開講箇所 創造理工学部
科目名
卒業研究演習A2

担当教員 大成 尚/大野 高裕/片山 博/岸 知二/小松原 明哲/後藤 正幸/椎名 孝之/高田 祥三/高橋 真吾/永田 靖/蓮池 隆/菱山 玲子/棟近 雅彦/吉本 一穂
学期曜日時限 秋学期  無その他
科目区分 専門必修 配当年次 4年以上 単位数 2
使用教室   キャンパス 西早稲田(旧大久保)
科目キー 2703014004 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード MGTX49ZS
大分野名称 経営工学
中分野名称 経営工学
小分野名称 卒業論文/研究、修士/博士論文
レベル 総仕上げ 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2017/01/23 13:41:13

授業概要

本科目は、卒業研究(論文)と関連して、経営システム工学および各専門領域における具体的な方法論・スキルと、幅広い専門知識と教養の習得を目標とする。

課題は指導教員が指示するが、基本的に以下を扱う。

・研究の進め方に関する具体的なスキルの獲得(文献検索の仕方、文献のまとめ方、文書・論文のまとめ方、引用の仕方、プレゼンテーションの仕方など)。

・図書・論文・外国語文献の輪講、指導書等の分担講読、発表等を通じた、研究にかかわる知識の獲得

・統計解析ソフト、シミュレーションソフト、作図ソフトなど各種ソフトウエアの習得

・社会人になるにあたっての心構えとして、研究室生活態度(5S、生活習慣等)の涵養、研究室マネジメントについての理解と実践

なお、合宿、工場などの施設見学、OBOGの来訪を頂いての討論、学会参加・発表なども臨機に行う。

 

授業の到達目標 ・文献検索の仕方、文献のまとめ方、文書・論文のまとめ方、引用の仕方、プレゼンテーションの仕方など、研究の進め方に関する具体的なスキルを獲得すること
・図書・論文・外国語文献の輪講、指導書等の分担講読、発表等を通じ、研究にかかわる知識を獲得すること
・統計解析ソフト、シミュレーションソフト、作図ソフトなど各種ソフトウエアの使用方法を習得すること
・社会人になるにあたっての、研究室生活態度(5S、生活習慣等)を涵養すること、研究室マネジメントについて理解し実践すること
事前・事後学習の内容 文献検索・検討内容・資料作成
コメントのフィードバックと発展
授業計画

具体的には各指導教員の指示によるが、15回の授業回数に相当する以下の演習を行う。

・定期的なゼミへの参加と発表

・合宿、見学など学外活動

・指導教員から指示された課題活動

 

教科書 各教員が指示する
参考文献 各教員が指示する
成績評価方法 演習の参加態度(出席状態、討議などへの関与の状況等)、および演習の成果をもとに評価する。
なお、欠席が4回以上に及ぶもの(出席率が80%に満たないもの)には単位は与えられない。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2018.All rights reserved.

read