cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2015年度 開講箇所 創造理工学部
科目名
交通システム工学

担当教員 森本 章倫
学期曜日時限 秋学期  水2時限
科目区分 専門選択 配当年次 3年以上 単位数 2
使用教室 61-206教室 キャンパス 西早稲田(旧大久保)
科目キー 2704023008 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード CSTX33ZL
大分野名称 土木工学
中分野名称 土木工学
小分野名称 土木計画学・交通工学
レベル 上級レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2015/02/22 08:51:21

授業概要

交通工学の基礎を理解するとともに、道路、公共交通、ターミナル、駐車場などの各種交通施設の計画手法、設計理論の基礎について学ぶ.

なお、講義の前半は交通工学研究会認定TOP(トラフィック オペレーションズ プラクティショナ)の資格試験の出題範囲を中心に解説する.

授業の到達目標 交通システムを設計する際の基礎を理解する
授業計画

1.ガイダンス
2.交通調査
3.交通流現象
4.道路の設計
5.交通の管理と運用
6.交通安全
7.道路の計画と管理1
8.道路の計画と管理2

9.公共交通システムの計画と設計
10.ターミナル、駐車場の計画と設計
11.歩行者・自転車交通の計画と設計
12.交通システムの課題 その1(交通アセスメント)
13.交通システムの課題 その2(デマンド交通)
14.交通システムの課題 その3(新交通)
15.理解度の確認

教科書 道路交通技術必携2013 交通工学研究会
参考文献 越 正毅著 「交通工学通論」 技術書院
新谷 洋二 編著 「都市交通計画」 技報堂出版
杉山.浅野.国久、苦瀬 編著 「明日の都市交通政策」成文堂
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 90% 期末試験
平常点評価: 10% 欠席回数による減点あり
その他: 出席(2/3以上が期末試験評価の対象)
備考・関連URL

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read