cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2015年度 開講箇所 先進理工学部
科目名
数学A1(線形代数) 電生(2)

担当教員 坂口 勝彦
学期曜日時限 通年  水2時限
科目区分 数学 必修 配当年次 1年以上 単位数 4
使用教室 53-403教室 キャンパス 西早稲田(旧大久保)
科目キー 2800210002 科目クラスコード 13
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード MATX11ZL
大分野名称 数学
中分野名称 数学
小分野名称 代数学
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2015/03/04 02:57:57

授業概要 基本的な数学的知識・技術として微分積分学と並んで必須の線形代数学を基礎から学ぶ。
行列、行列式、線形空間、線形写像、固有値、固有ベクトル、対角化、ジョルダン標準型等。
それらの具体的問題への応用もいくつか学ぶ。
授業の到達目標 線形代数の基本的な操作・計算・応用ができるようになる。
授業計画
(春学期)
[第 1回](4月 8日)行列の基本の基本(1)
[第 2回](4月15日)行列の基本の基本(2)
[第 3回](4月22日)1次変換
[第 4回](4月29日)空間ベクトル         
[第 5回](5月13日)連立1次方程式と行列(1)
[第 6回](5月20日)連立1次方程式と行列(2)
[第 7回](5月27日)行列の基本(1)
[第 8回](6月 3日)行列の基本(2)
[第 9回](6月10日)行列式(1)
[第10回](6月17日)行列式(2)  
[第11回](6月24日)行列式の性質(1)
[第12回](7月 1日)行列式の性質(2)
[第13回](7月 8日)固有値と固有ベクトル(1)
[第14回](7月15日)理解度の確認
[第15回](日時別途提示)学習した内容の点検と確認

(秋学期)
[第1回](9月30日)固有値・固有ベクトル(2)
[第2回](10月 7日)対角化(1)
[第3回](10月14日)対角化(2)
[第4回](10月21日)対角化の応用(1)マルコフ過程等
[第5回](10月28日)対角化の応用(2)漸化式と線形微分方程式
[第6回](11月 4日)直交性(1)
[第7回](11月11日)直交性(2)
[第8回](11月18日)2次曲線と2次平面の標準形(1) 
[第9回](11月25日)2次曲線と2次平面の標準形(2)
[第10回](12月 2日)ジョルダン標準型(1)
[第11回](12月 9日)ジョルダン標準型(2)
[第12回](12月16日)線形写像・線形変換(1)
[第13回]( 1月13日)線形写像・線形変換(2)
[第14回]( 1月20日)理解度の確認
[第15回](日時別途提示)学習した内容の点検と確認
教科書 毎回プリントを用意します。


教科書ではありませんが、参考文献で挙げてある「新版 演習 線形代数」寺田文行 著(サイエンス社)にほぼ沿って進めます。
参考文献 「新版 演習 線形代数」 寺田文行 著(サイエンス社)
  教科書ではありませんが、購入して演習問題をたくさん解いてください。

「線型代数入門講義―現代数学の“技法”と“心”」長岡亮介著(東京図書)
  少々難しいけれど、理論的内容の理解には参考になります。少し先まで学習したい人向け。
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 80% 定期試験による
平常点評価: 20% 毎回提出してもらう小テストによる
備考・関連URL 毎回の講義の内容は、進度に合わせて調整する場合もあります。
毎回の講義の中で、その日の内容に沿った簡単な問題を解いて提出してもらいます。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read