cheader

View Syllabus Information

View Syllabus Information

  • Even after classes have commenced, course descriptions and online syllabus information may be subject to change according to the size of each class and the students' comprehension level.

main start

Course Information

Year 2019  School School of Advanced Science and Engineering
Course Title
Basic Experiments in Science and Engineering 2B Ouka

Instructor KOHORI, Fukashi/ASAMI, Masatoshi/SHIMOJIMA, Atsushi/SUGA, Takeo/TANAKA, Yasuhiro/HANADA, Nobuko/BONO, Shinji/MENDEZ ASTUDILLO, Manuel/YAMAGUCHI, Junichiro/WADA, Hiroaki
Term/Day/Period fall semester  Thur.2-5
Category Compulsory Subjects Eligible Year 2nd year and above Credits 3
Classroom 63-B1 Campus Nishi-Waseda(Former: Okubo)
Course Key 2800250004 Course Class Code 07
Main Language Japanese
  Course Code BSPX20ZW
First Academic disciplines Basic Study Practice
Second Academic disciplines Basic Study Practice
Third Academic disciplines Basic Study Practice
Level Intermediate, developmental and applicative Types of lesson Work

Syllabus Information

Latest Update:2019/01/23 11:26:50

Course Outline

 理工学基礎1A,1Bに続いて2年次に行う基礎実験科目である.物理的・工学的な実験を通して,多様な実験技術と実験手法に関する素養を修得し,専門実験への準備を行う.講義で学習していない内容が含まれる場合があるので,十分な予習と手際のよい作業が要求される.また、1年次に修得した計算機を用いてデータを整理して考察を行うなど,創意工夫も重要である. 
実験内容は以下の通りである.
1)物理系実験
  弾性と粘弾性
  自動計測
  レーザーとホログラフィー干渉
  いろいろな顕微鏡
  コンピュータによる制御
  磁化特性
2)化学系実験
  フェロセンの合成と電気化学測定
  タンパク質の分離と分子量測定

  ゾル-ゲル法による酸化チタン光触媒の合成とPCを利用した科学情報検索
  懸濁重合によるポリスチレンの合成とリサイクル

Objectives 予習を必ず行って、決められた時間内に効率よく実験を進める。
得られた結果より、既定のフォーマットに従ってレポートを作成し、期限内に提出する。
工学的、化学的実験を通して内容を理解することと、
高学年に向けて実験に慣れることが求められる。
Course Schedule

第 1回(9月27日) オリエンテーション
第 2回(10月4日) レポートの書き方
第 3回(10月11日) 装置の取り扱い操作方法
第 4回(10月18日) 弾性と粘弾性 
第 5回(10月25日) 共振回路と振動系
第 6回(10月31日) レーザーとホログラフィー干渉
第 7回(11月8日) いろいろな顕微鏡
第 8回(11月15日) 熱と拡散 
第 9回(11月22日) 磁化特性
第10回(12月6日) フェロセンの合成と電気化学測定
第11回(12月13日) 懸濁重合によるポリスチレンの合成とリサイクル
第12回(12月20日) タンパク質の分離と分子量測定
第13回(12月  日) ゾル-ゲル法による酸化チタン光触媒の合成とPCを利用した科学情報検索

第14回・第15回   レポートの提出による授業理解の確認を行う。

Textbooks 理工学基礎実験2B指導書
Evaluation 指定された全ての実験を行い、全ての実験に関するレポートをそれぞれ全て提出し、その評価を行う。
Note / URL

 

Top of Page

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read