cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 先進理工学部
科目名
波の物理

担当教員 望月 維人
学期曜日時限 秋学期  火2時限
科目区分 専門必修 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 63-201教室 キャンパス 西早稲田(旧大久保)
科目キー 2801011004 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード PHYP10ZL
大分野名称 物理学
中分野名称 物理学
小分野名称 物理学
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/01/26 22:21:34

授業概要 本講義では振動・波動を取り扱う。これらは、物理学全般の基礎を為す重要な項目である。この授業では、振動・波動現象の取り扱いや、重ね合わせ・基準振動(固有モード)分解などの考え方を学び、電磁気学や量子力学などの理解を深める。
授業の到達目標 振動・波動現象に関する基礎的知識を習得する。
授業計画
1:
第1回
単振動 : 単振動の運動方程式、線形斉次微分方程式の一般解
2:
第2回
単振動 : 重ね合わせ、複素指数関数による記述、振幅と位相単振動
3:
第3回
単振動 : 減衰振動、強制振動
4:
第4回
連成振動(自由度2の場合) : 連立微分方程式と解
5:
第5回
連成振動(自由度2の場合) : 固有モード
6:
第6回
連成振動 (多自由度の場合) : 連立微分方程式と解、固有モード
7:
第7回
連成振動 : フーリエ変換、正規直交系(完全系)による展開
8:
第8回
連成振動 : 初期値問題
9:
第9回
波動 : 連続体極限と波動方程式
10:
第10回
波動 : サイン波の波数ベクトル、波長、振動数
11:
第11回
波動 : 進行波とダランベール解
12:
第12回
波動 : 波動方程式と波束
13:
第13回
波動 : 分散、位相速度、群速度
14:
第14回
波動  : 境界条件と固有モード
15:
第15回
理解度の確認
教科書 特になし
参考文献 特になし
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 80% 理解度の確認のための試験を行う。
レポート: 20% 理解度の確認のためレポート課題を出題する。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read