cheader

View Syllabus Information

View Syllabus Information

  • Even after classes have commenced, course descriptions and online syllabus information may be subject to change according to the size of each class and the students' comprehension level.

main start

Course Information

Year 2019  School School of Advanced Science and Engineering
Course Title
Chemical Engineering B

Instructor KOHORI, Fukashi/HANADA, Nobuko
Term/Day/Period fall semester  Wed.2
Category Elective Subjects Eligible Year 2nd year and above Credits 2
Classroom 56-102 Campus Nishi-Waseda(Former: Okubo)
Course Key 2803022001 Course Class Code 01
Main Language Japanese
  Course Code CHMC23ZL
First Academic disciplines Chemistry
Second Academic disciplines Chemistry
Third Academic disciplines Physical Chemistry
Level Intermediate, developmental and applicative Types of lesson Lecture

Syllabus Information

Latest Update:2019/02/23 23:14:45

Course Outline  本講義では反応工学および流動・伝熱を扱う。工業的に用いられている多くの反応装置内で起こる流動、物質移動、伝熱といった現象を数学的に解き、反応装置の至適設計を修得する。実社会の反応装置では総括反応速度が化学反応速度に等しくない場合が多々ある。このとき、化学工学的手法により、適切な運転操作や装置設計を行えるよう、理解を深める。本講では反応機構および反応速度によって反応系の特性を解析し、物質および熱の移動速度論を使い、各種反応装置の操作特性と設計法について講述する。応用化学基礎演習Dと連動して講義を行う。

DP1:応用化学の長い伝統を踏まえて体系的に整理された化学を修得する。

Objectives 企業における生産技術や生産管理において必要な、装置設計、装置管理の基礎を修得する。様々な式を駆使し、迅速な定量的解析を行う能力を身に着ける
Course Schedule
[第 1回] オリエンテーション (担当:花田)
[第 2回] 反応工学の意義、化学反応と反応装置の分類、反応速度式(担当:花田)
[第 3回] 反応器設計の基礎式1:限定反応成分、転化率、物質量、モル分率、濃度、分圧の定義(担当:花田)
[第 4回] 反応器設計の基礎式2:定容系および非定容系での物質量、モル分率、濃度、分圧(担当:花田)
[第 5回] 反応器設計の基礎式3:反応器の物質収支式、各反応器の設計方程式(担当:花田)
[第 6回] 反応速度解析:積分法、微分法(担当:花田)
[第 7回] 反応装置の設計:回分反応器、連続槽型反応器、管型反応器(担当:花田)
[第 8回] 理解度の確認1(担当:花田)
[第 9回] 単位と次元解析(担当:小堀)
[第10回] 流動1(担当:小堀)
[第11回] 流動2(担当:小堀)
[第12回] 伝熱1(担当:小堀)
[第13回] 伝熱2(担当:小堀)
[第14回] 流動および伝熱の応用(担当:小堀)
[第15回] 理解度の確認2(担当:小堀)
Textbooks 酒井清孝ほか:21世紀の化学シリーズ14 ”化学工学”、朝倉書店
Reference 橋本健治:改訂版”反応工学”、培風館
Evaluation
Rate Evaluation Criteria
Exam: 100% 理解度確認テストによる

Top of Page

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read