cheader

View Syllabus Information

View Syllabus Information

  • Even after classes have commenced, course descriptions and online syllabus information may be subject to change according to the size of each class and the students' comprehension level.

main start

Course Information

Year 2019  School School of Advanced Science and Engineering
Course Title
Chemical Engineering A [S Grade]

Instructor HANADA, Nobuko/HIRASAWA, Izumi
Term/Day/Period fall semester  othersothers
Category Compulsory Subjects Eligible Year 1st year and above Credits 2
Classroom   Campus Nishi-Waseda(Former: Okubo)
Course Key 2804011007 Course Class Code S1
Main Language Japanese
  Course Code PCSX20ZL
First Academic disciplines Process/Chemical Engineering
Second Academic disciplines Process/Chemical Engineering
Third Academic disciplines Process/Chemical Engineering
Level Intermediate, developmental and applicative Types of lesson Lecture

Syllabus Information

Latest Update:2019/01/23 11:26:50

Course Outline エンジニアリングを身に付けた化学技術者を育てるのに化学工学という学問が有用である。化学工学は化学に関連する問題を解決するのに用いられる物理化学的手法を提供する学問で、装置間の関連性や制御性など、プロセス全体を考えるsystem approachを得意とする。その基礎になっているのが収支、平衡、速度の概念である。化学工学総論では、エンジニアリングの重要性を示し、化学工学がどのような学問であるか、化学工学でどういうことを学べるか、実社会との接点は何かなどについて、身近な話題を通して講述する。この身近な話題に化学工学がどの様に役に立ち、どの様に使われているかを理解し、例題、問題を通して計算能力を身につける訓練をしながら、化学工学の基礎概念(収支、速度、平衡など)の重要性を学ぶ。本講義は応用化学基礎演習IIと連動して講義を行う。
Course Schedule (1)化学工学とは何ぞや?1
(2)化学工学とは何ぞや?2
(3)同志社大学ー早稲田大学遠隔講義
(4)化学工学の基礎概念
(5)流動1
(6)流動2
(7)熱移動1
(8)熱移動2
(9)物質移動1
(10)物質移動2
(11)膜分離1
(12)膜分離2
(13)吸着
(14)医用化学工学1
(15)医用化学工学2
Textbooks 酒井清孝編著、21世紀の化学シリーズ14、化学工学、朝倉書店、2005
Reference 吉田文武・酒井清孝:化学工学と人工臓器、第2版6刷、共立出版、2006
Note / URL 関連URL:
http://www.waseda.jp/sem-sakai/

Top of Page

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read