cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 先進理工学部
科目名
化学工学基礎実験  【前年度成績S評価者用】

担当教員 小堀 深/野田 優/花田 信子/平沢 泉
学期曜日時限 春学期  無その他
科目区分 専門必修 配当年次 2年以上 単位数 1
使用教室   キャンパス 西早稲田(旧大久保)
科目キー 2804012005 科目クラスコード S1
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード PCSX20ZW
大分野名称 プロセス・化学工学
中分野名称 プロセス・化学工学
小分野名称 プロセス・化学工学
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 実習/実験/実技

シラバス情報

最終更新日時:2019/01/23 11:26:50

授業概要 将来、多くの者は化学工業をはじめ種々の工業プロセスの設計・操作・開発に携わることになる。その際、化学工学の基礎概念を十分把握し理解せねばならない。ここでは、化学工学Iで学んだ化学工学の基礎概念を実験的に修得することを目的にする。
授業の到達目標 ここでは、化学工学Iで学んだ化学工学の基礎概念を実験的に修得することを目的にする。
授業計画 (1) 層流と乱流に関する実験
(2) 同上、データ解析
(3) 熱交換器の実験
(4) 同上、データ解析
(5) 透析実験
(6) 同上、データ解析、討論
(7) オリフィス流量計に関する実験
(8) 同上、データ解析
(9) 配管系の圧損失に関する実験
(10) 同上、データ解析
(11) 単蒸留
(12) 同上、データ解析
(13) 考察・討論
(14) プレゼンテーション
(15) 実験の進め方
教科書 化学工学実験室編 化学工学基礎実験
参考文献 実験に際して、適宜紹介する。
備考・関連URL レポートの提出は、期限を厳守すること。


【担当教員連絡先等】
小堀 深(kohori@waseda.jp)、平沢 泉、酒井 清孝

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read