cheader

View Syllabus Information

View Syllabus Information

  • Even after classes have commenced, course descriptions and online syllabus information may be subject to change according to the size of each class and the students' comprehension level.

main start

Course Information

Year 2019  School School of Advanced Science and Engineering
Course Title
Applied Chemistry Laboratory II

Instructor OYAIZU, Kenichi/KINO, Kuniki/KOHORI, Fukashi/SEKINE, Yasushi/HANADA, Nobuko
Term/Day/Period spring semester  01:Mon.3-5/02:Tues.3-5
Category Compulsory Subjects Eligible Year 3rd year and above Credits 2
Classroom 01:56-4F/01:65-1F/02:56-4F/02:65-1F Campus  
Course Key 2804013003 Course Class Code 01
Main Language Japanese
  Course Code CHMA30ZW
First Academic disciplines Chemistry
Second Academic disciplines Applied Chemistry
Third Academic disciplines Applied Chemistry
Level Advanced, practical and specialized Types of lesson Work

Syllabus Information

Latest Update:2019/05/07 12:48:38

Course Outline

本実験は、二年次までの実験科目の履修により培われた基礎的実験能力を基に、応用化学専修者として幅広い実験、研究能力を身に付けることを目的としている。実験項目は基礎的内容から応用的内容まで広範に渡るが、各項目について事前に充分予習し、内容を理解した上で自主的に実験に取り組むことを重視する。

なお、ガイダンスの欠席・遅刻は減点となるとともに、ガイダンスを受講しないと実験に参加できない。


ポリシーとの関連 DP3:基礎から応用へと発展するよう設計された実験を体験し、化学を応用できる。
Objectives 応用化学に関する諸項目について理解を深め、物性の測定方法、実験器具の取り扱い方、結果の解析方法およびレポートの作成法を修得する。
Course Schedule

(1)炭素材料に関する実験

(2)液体誘電率および計算化学

(3)核磁気共鳴スペクトル(NMR)

(4)二相間物質移動

(5)反応を伴う物質移動

(6)タンパク質・ペプチドの高次構造の解析

 

Textbooks 2016年度応用化学実験Ⅱ・物理化学実験指導書
Evaluation レポート60点、試験20点、計80点満点とし、実験態度などの平常点評価をこれに加える。
Note / URL

ガイダンスに必ず出席すること。ガイダンスを欠席すると実験を履修できない。


実験指導書に履修上の注意を含めた詳細が記載されているので熟読すること。

なお試験は物理化学実験と合同で行われるので、日程等について注意すること。

Top of Page

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read