cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 先進理工学部
科目名
応用化学専門演習

担当教員 小柳津 研一/木野 邦器/桐村 光太郎/黒田 一幸/小堀 深/下嶋 敦/須賀 健雄/菅原 義之/関根 泰/野田 優/花田 信子/平沢 泉/福永 明彦/細川 誠二郎/本間 敬之/松方 正彦/門間 聰之/山口 潤一郎/和田 宏明
学期曜日時限 秋学期  水5時限
科目区分 専門必修 配当年次 3年以上 単位数 1
使用教室   キャンパス 西早稲田(旧大久保)
科目キー 2804013004 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード CHMA30ZS
大分野名称 化学
中分野名称 応用化学
小分野名称 応用化学
レベル 上級レベル 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/02/16 16:08:00

授業概要
基礎から応用へと発展するよう設計された実験・演習を体験し、化学を応用できる能力を養う。			化学分野の学理を研究し、独創の研鑽を重ねて、社会の持続的発展に貢献する能力を涵養する卒業論文研究の準備として、応用化学で扱う専門性高いそれぞれの分野の基礎的な考え方の習得、また低学年で習得した概念の応用を体験する。また研究を行う上で必要な既往研究の調査、専門用語の習熟にも努める。
授業の到達目標 卒業論文研究を開始するための、化学に関する基礎的事項の復習、
研究を進めるための文献検索方法を会得する。
また専門分野の学術用語を理解する。
授業計画
1 イントロダクション2 基礎的用語の確認3 専門分野の基礎となる考え方の復習(1)4 専門分野の基礎となる考え方の復習(2)5 専門分野の基礎となる考え方の復習(3)6 専門領域の学術研究概要7 専門領域の既往研究調査、理解(1)8 専門領域の既往研究調査、理解(2)9 演習実験方針立案10 演習実験機器、器具、試薬確認11 演習/実験112 演習/実験213 演習/実験314 演習/実験まとめ15 演習/実験報告115 演習/実験報告2

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read