cheader

View Syllabus Information

View Syllabus Information

  • Even after classes have commenced, course descriptions and online syllabus information may be subject to change according to the size of each class and the students' comprehension level.

main start

Course Information

Year 2019  School School of Advanced Science and Engineering
Course Title
Chemical Engineering Laboratory I

Instructor KOHORI, Fukashi/NODA, Suguru/HANADA, Nobuko/HIRASAWA, Izumi
Term/Day/Period fall semester  01:Mon.3-5/02:Tues.3-5/03:Fri.3-5
Category Compulsory Subjects Eligible Year 3rd year and above Credits 3
Classroom 01:65-1F/02:65-1F/03:65-1F Campus  
Course Key 2804013006 Course Class Code 01
Main Language Japanese
  Course Code PCSX30ZW
First Academic disciplines Process/Chemical Engineering
Second Academic disciplines Process/Chemical Engineering
Third Academic disciplines Process/Chemical Engineering
Level Advanced, practical and specialized Types of lesson Work

Syllabus Information

Latest Update:2019/05/07 11:40:37

Course Outline 化学工学基礎実験を発展させ、化学工学A,Bで学習した考え方を、ものづくりのためのプロセスや操作にどのように生かしているかを、以下の実験、解析、および考察を通して、理解をする。
基礎から応用へと発展するよう設計された実験を体験し、化学を応用できる力を身に着ける。
Objectives 学習してきた化学工学の内容を実際に体験し、自らの手でデータ整理し、考察し、結論を得るまでの一貫した流れを修得する。本実験を行うことで化学工学の意味と意義を理解する。
Course Schedule 1. 次元解析に関する実験
2. 次元解析に関する、解析・考察
3. 充填塔の圧損失に関する実験
4. 充填塔の圧損失に関する解析・考察
5. 灌液充填塔の圧損失に関する実験
6. 灌液充填塔の圧損失に関する解析・考察
7. 充填層の伝熱に関する実験
8. 充填層の伝熱に関する解析・考察
9. 蒸留塔に関する実験
10.蒸留塔に関する解析・考察
11.吸着装置に関する実験
12.吸着装置に関する解析・考察
13.攪拌層の混合特性に関する実験
14.攪拌層の混合特性に関する解析・考察
15.タンク系の流動に関する実験・解析・考察
Textbooks 化学工学実験指導書
Reference 化学工学 各教科書
化学工学便覧
分離プロセス工学の基礎 朝倉書店
Evaluation 各実験終了後にレポート提出を行い評価する。全レポートの平均点により総合評価する。レポートにおいて期限外の場合は減点する。また実験を正当な理由なしに欠席した場合にも減点する。全実験を履修し、全レポートを提出することが成績評価を受ける際の基準であり、予定日に欠席した場合などは補講実験などにより補完する。
Note / URL ガイダンス: ガイダンスの欠席・遅刻は減点となるとともに、ガイダンスを受講しないと実験に参加できないので注意すること。

Top of Page

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read