cheader

View Syllabus Information

View Syllabus Information

  • Even after classes have commenced, course descriptions and online syllabus information may be subject to change according to the size of each class and the students' comprehension level.

main start

Course Information

Year 2019  School School of Advanced Science and Engineering
Course Title
Chemical Engineering Laboratory II

Instructor KOHORI, Fukashi/NODA, Suguru/HANADA, Nobuko/HIRASAWA, Izumi
Term/Day/Period spring semester  01:Thur.3-4/02:Fri.5-6
Category Elective Compulsory Subjects Eligible Year 4th year and above Credits 2
Classroom 01:65-1F/02:65-1F Campus  
Course Key 2804014003 Course Class Code 01
Main Language Japanese
  Course Code PCSX40ZW
First Academic disciplines Process/Chemical Engineering
Second Academic disciplines Process/Chemical Engineering
Third Academic disciplines Process/Chemical Engineering
Level Final stage advanced-level undergraduate Types of lesson Work

Syllabus Information

Latest Update:2019/02/24 00:02:13

Course Outline 化学工学実験Ⅰで習得した知識と手技を用い、さらに応用的な実験課題に取り組む。化学工学系実験室の各研究テーマを題材とし、自身の研究テーマ以外の研究に取り組むことで視野を広げることを目的とする。基礎から応用へと発展するよう設計された実験を体験し、化学を応用できる力をつける。
Objectives 各自1つのテーマを選定し、研究背景から実験手法まで調査する。さらに研究テーマの核心の実験を行い、結論へ至る論点を整理しレポートにまとめる。自身の研究テーマ以外の実験をするため、安全には十分配慮し、該当実験を行っている研究室内の同僚をメンターとすることでお互いの協調性を高め、知識を深めあることを目指す。
Course Schedule 各研究室ごとにテーマ選定を行う。自身の卒業論文や修士論文に関するテーマ以外を選定し、知識の幅を深めることを目的として実験計画を立てる。半期15回のうち3~5回ほどメンター学生(該当実験を卒業論文や修士論文として実施している学生)とのディスカッションを実施する。初回3回ほどは研究背景や実験手法の学習に充てる。そののち9~10回ほど実験を実施しデータ整理を行う。最後の2~3回でレポートにまとめる。随時担当教員からの指導を仰ぎ、メンター学生から助言をもらいながら実施する。実験計画は各自作成し、授業開始前に担当教員から承認を受ける。
Evaluation 研究計画の立案、実験実施の最適性、メンター学生との協調的実施、レポートの正確性と明確的記述などの観点から総合的に成績を評価する。

Top of Page

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read