cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 先進理工学部
科目名
研究倫理概論

担当教員 綾部 広則/上野 達弘/大塚 英明/笠原 博徳/福田 耕治/冬木 ひろみ/三嶋 博之/横野 恵
学期曜日時限 冬クォーター  無フルOD
科目区分 専門必修 配当年次 3年以上 単位数 2
使用教室   キャンパス  
科目キー 2805013013 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード STSX34ZO
大分野名称 科学技術論
中分野名称 科学技術論
小分野名称 科学技術倫理
レベル 上級レベル 授業形態 オンデマンド
  フルオンデマンド授業

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 08:36:18

副題 -研究者を目指す人々へ-
授業概要

研究活動におけるねつ造・改ざん・盗用等の不正行為が後を絶たない中、研究倫理とは何かを知り、そして考えることは、研究活動に取り組むうえで重要です。本科目では、研究の計画から遂行、成果発表にいたるまでの基本的事項について、学内外の専門の先生方によるオムニバス形式の講義を通じて、具体的な事例を交えながらお伝えします。


本科目はCourse N@viを利用したフルオンデマンド科目です。



In the current scenario of numerous cases of research misconduct such as fabrication, falsification and plagiarism, it is important to have a good understanding of research ethics and to give careful consideration to ethics issues before conducting research activities.

This omnibus format course covers basic topics ranging from planning of research to conduct of research to presentation of outcomes, with concrete cases presented in lectures by specialists carefully selected from within and outside the university.


Course lectures are all available on-demand through Couse N@vi.

授業の到達目標 学術分野を問わず、研究者を目指す大学院生および研究に着手する段階の学部3年生以上が、研究倫理に関する基本的事項を理解、習得すること。

The course is aimed at graduate students who are aiming to be researchers, and third-year undergraduates or higher who are about to be engaged in research activities, regardless of academic field. The intention is to give the students a solid fundamental understanding of research ethics.
授業計画

1週間に2講義ずつ(第13~15回のみ3講義)開講します。

各講義の視聴期間は2週間です。

詳細な講義スケジュールはCourse N@viの「お知らせ」に掲載しますので、必ず受講前に確認してください。


1: 第1回 はじめに:なぜ研究倫理か

第2回 現代社会における科学技術


2: 第3回 EU/欧米諸国における研究倫理

第4回 研究における不正行為:FFP(ねつ造・改ざん・盗用)の実際


3: 第5回 研究における不正行為と法、利益相反

第6回 研究計画のあり方


4: 第7回 研究対象者保護の基本①

第8回 研究対象者保護の基本②(動物実験を含む)


5: 第9回 心理学と研究倫理

第10回 研究ノートとデータ管理の実践


6: 第11回 メンターとトレイニー、Authorshipと出版の倫理

第12回 知的財産権をめぐって


7: 第13回 企業と研究倫理

第14回 安全保障と科学技術:科学技術のミスユースのリスクと科学者の責任

第15回 研究倫理の実践:早稲田大学の体制、おわりに



Two lectures will be available in one week (except the lecture 13-15 which will be released three lectures in same week)

Viewing period of each lecture is two weeks.

The schedule of lectures will be informed on Course N@vi, make sure to check before taking the course.


1:

Lecture 1. Introduction: Why Research Ethics? 

Lecture 2. Science and Technology in Modern Society


2:

Lecture 3. Research Ethics in the EU and the US 

Lecture 4. Actual Research Misconduct: FFP (Fabrication, Falsification and Plagiarism) 


3:

Lecture 5. Misconduct in Research and Law. Research and Conflict of Interest 

Lecture 6. The Form of the Research Proposal 


4:

Lecture 7. Fundamentals of Care for Human Subjects 

Lecture 8. Basics of Protecting Medical Research Subjects (Including Animal Testing) 


5:

Lecture 9. Psychology and Research Ethics

Lecture 10. Research Notes and the Practice of Data Management 


6:

Lecture 11. Publication of research outcomes and the mentor-trainee relationship in research 

Lecture 12. Intellectual Property


7:

Lecture 13. The Corporation and Research Ethics 

Lecture 14. Security and Science: The Risk of Misuse of Science and the Responsibility of the Scientist 

Lecture 15. The Practice of Research Ethics: The System at Waseda University / Research Ethics Revisited 

成績評価方法
割合 評価基準
試験: 0% 定期試験は実施しません。

There is no regular examination
平常点評価: 100% 第1回-第14回で行う理解度確認テストを試験の代わりとして扱い、その点数によって評価を行います。
ただし、10講義以上の受講※が確認できない場合は、成績評価対象外となり、単位は付与されません。

理解度確認テストは、必ずしも講義で語られた事のみが出題されるわけではありません。
関連する事項について自身で調べる等、予習と復習をしっかり行い、理解度確認テストに臨んでください。

※動画コンテンツを全て視聴した後、理解度確認テストに解答する事で初めて受講とみなします(理解度確認テストがない第15回は動画コンテンツの視聴のみで受講とする)。

Comprehension tests of lectures 1-14 will be treated as substitute of regular examination and evaluate it by the marks
However, regardless of the marks of comprehension test, no credit will be given to those who take fewer than 10 of the 15 lectures. ※

As for the comprehension test, it is not necessarily only questions made from what was talked about in the lectures, so check related matters of the lectures and perform preparation and review before taking comprehension tests

※Students have 'completed the course' when they have taken the comprehension test after having viewed all of the on-demand contents for the course.(In the case the lecture 15 where there is no comprehension test, having 'completed the course' means having viewed all the on-demand content s for the course)
備考・関連URL

1. 日本語のコンテンツを英訳した英語版コンテンツがあります。日本語版と英語版のどちらを視聴しても構いません。

2. 重要な連絡はCourse N@viの「お知らせ」を通じて行うので、こまめに確認するようにしてください。

3. 理解度確認テストの正答は、各講義の解答期間終了後に公開します。必要に応じて各自で確認してください。

4. 講義期間の延長、および再受講等は一切行いません。

5. 個人的な事情に係る問合せによって、加点などの特別対応を行うことはありません。

6. PCのトラブルや操作ミスを理由とした、理解度確認テストの再受験および回答の訂正は行いません。

7. 講義動画は講義期間終了後も視聴可能ですが、受講回数にはカウントされません。また、理解度確認テストの解答はできません。

8. 講義に関する問合せは全て「研究倫理概論」事務局のメールアドレス(researchethics@list.waseda.jp)宛に送ることとし、担当教員への直接連絡はしないようにしてください。

  ※ただし、システムに関する問合せはITヘルプデスク宛に送ってください。

9. 動作環境等を各自確認の上、履修登録を行ってください。

http://www.waseda.jp/navi/services/system/sys_requirements.html


1.English translations are available.

You may watch which of a Japanese edition and the English version

2.Important notice will be posted in “Information” in Couse N@vi, make sure to check it regularly

3.The answers to and explanations of the comprehension test will be open to the public after the end of each course period. 

4.It is not permissible for extension of viewing period of lecture or to re-take the lecture.

5.It is not permissible to perform special correspondence such as the point addition by the inquiry to affect personal circumstance

6.. It is not permissible to re-take a comprehension test and correction of the answer due to computer trouble or operating errors. 

7.It is possible to view the on-demand content after the term of the course is over, but that is not considered as taking the course. Also, it is not permissible to take the comprehension test after the course term is over.

8.All questions and inquiries should be sent by email to the secretariat (researchethics@list.waseda.jp),  do not contact to lecturer directly.

※General technical inquiries concerning Course N@vi (e.g. Viewing trouble) should be addressed to the IT Help Desk: login to MyWaseda, and access the help desk.

9.Check your computer system operation environment before taking the course.

http://www.waseda.jp/navi/e/services/system/sys_requirements.html

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read