cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 先進理工学部
科目名
卒業研究  【前年度成績S評価者用】

担当教員 朝日 透/井上 貴文/大島 登志男/合田 亘人/佐藤 政充/仙波 憲太郎/武岡 真司/武田 直也/竹山 春子/常田 聡
学期曜日時限 通年  無その他
科目区分 専門必修 配当年次 4年以上 単位数 2
使用教室   キャンパス 生命医科学センター
科目キー 2805014001 科目クラスコード S1
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード MEDG49ZG
大分野名称 医学
中分野名称 医学一般
小分野名称 卒業論文/研究、修士/博士論文
レベル 総仕上げ 授業形態 研究指導

シラバス情報

最終更新日時:2019/01/23 11:26:50

授業概要

生命医科学科の研究室に所属し、各研究室の研究テーマに沿って卒業研究を実施する。

授業の到達目標 各卒業研究テーマに沿って、下記の目標のうちDP5を含む二項目以上を達成する。

DP1 分子・細胞レベルで生命現象を理解・探求する力を身につける
DP2 生命科学・医科学研究を推進する際の道具となる物理・化学・数学・情報科学の知識を身につける
DP3 理工学と生命科学の知識を統合し,先端バイオテクノロジーを理解する力を身につける
DP4 基礎医学と医工学を学び,病気の原因や診断・治療技術を理解する力を身につける
DP5 最先端の生命医科学研究事例を理解し,自ら研究を展開する素養を身につける
事前・事後学習の内容 各卒業研究テーマの実施に必要な既存の研究や実験手法を学習する。
研究結果をまとめて進捗状況と適宜報告する。データを検証し、研究の進め方やまとめ方を議論する。
授業計画 講義回数に拘らず、他の講義や実習以外の日程全てを対象として、研究テーマに従事する。
教科書 指定しない。
参考文献 各研究室毎に指示する。
成績評価方法
割合 評価基準
レポート: 各指導教員の判断で実施する。
平常点評価: 研究への取り組みとその成果。
その他: 卒論口頭発表、卒論作成(各指導教員の判断で実施する)。
備考・関連URL

評価は各研究室毎に指導教員が行う。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read