cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 先進理工学部
科目名
先端分子微生物学

担当教員 竹山 春子/常田 聡
学期曜日時限 春学期  木5時限
科目区分 専門選択 配当年次 3年以上 単位数 2
使用教室 54-B04教室 キャンパス 西早稲田(旧大久保)
科目キー 2805023015 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード MEDV30ZL
大分野名称 医学
中分野名称 ウイルス学
小分野名称 ウイルス学
レベル 上級レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/04/17 18:22:44

授業概要 微生物は,地球の元素循環を担う重要な生物である。また,食品・医療・環境などの産業を支えるという点で我々の暮らしに必須である。その一方で,感染症を引き起こすという点で我々にとって脅威にもなる。このような微生物の生理・生態を分子レベルで理解し,その制御を行うための方法論および最新のトピックスを紹介する。なお,授業の一環として,学内の実験施設のサイトビジットも行う。
授業の到達目標 分子生物学の知識を深め,微生物の生理・生態を分子レベルで理解する方法を習得する。

(DP1)分子・細胞レベルで生命現象を理解・探求する力を身につける
(DP3)理工学と生命科学の知識を統合し,先端バイオテクノロジーを理解する力を身につける
(DP5)最先端の生命医科学研究事例を理解し,自ら研究を展開する素養を身につける
授業計画 第1回 4月11日(木) 常田 イントロダクション 環境微生物の99%を占める難培養性微生物の新規単離培養技術
第2回 4月18日(木) 竹山 海洋微生物資源の応用研究
第3回 4月25日(木) 竹山 微生物内の有用物質を可視化する分光分析技術 <顕微ラマン分光法の応用と最先端解析技術の紹介>
第4回 5月09日(木) 竹山 生命科学とビックデータ
第5回 5月16日(木) 竹山 昆虫共生微生物
第6回 5月23日(木) 竹山 生体組織の空間オミクス解析を可能にする技術開発【@120号館―5-121室】(実験施設見学)
第7回 5月30日(木) 竹山 1細胞レベルでの細胞解析技術
第8回 6月06日(木) 常田 新規単離微生物の全ゲノム解析が切り拓く新規機能と生態
第9回 6月13日(木) 常田 感染症難治化を引き起こす休止細菌の分子機構
第10回 6月20日(木) 常田 バイオフィルムのシステム的理解と制御
第11回 6月27日(木)【招聘講師】 泉福英信(感染研) 口腔内細菌の撹乱と全身疾患との関係
第12回 7月04日(木)【ゲストスピーカー】西川洋平(早大ー産総研OIL)
第13回 7月11日(木) 常田 腸内細菌と免疫・アレルギーとの関係
第14回 7月18日(木) 常田 腸内細菌と炎症疾患との関係
第15回 未定 竹山・常田 理解度確認のためのレポート課題
成績評価方法
割合 評価基準
レポート: 80% 講義中の演習問題および事後レポート
平常点評価: 20% 出席点
備考・関連URL

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read