cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 先進理工学部
科目名
Advanced Life Science and Medical Bioscience Laboratory

IPSE Course

担当教員 金井 麻衣/合田 亘人/仙波 憲太郎/武田 直也/田中 昌子/丸山 剛
学期曜日時限 春学期  01:月3-5/02:火3-5
科目区分 専門選択 配当年次 3年以上 単位数 6
使用教室 01:ホワイエ/01:セミナールーム(1)/02:ホワイエ キャンパス 生命医科学センター
科目キー 28GE023005 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 英語
  コース・コード BIOX32ZW
大分野名称 生物学
中分野名称 生物学
小分野名称 分子生物学
レベル 上級レベル 授業形態 実習/実験/実技

シラバス情報

最終更新日時:2019/02/19 19:30:57

副題 Advanced Life Science and Medical Bioscience Laboratory
授業概要 生命医科学実験Iで習得した技術に基づいて、より高度な分子細胞生物学の実験手法の理解と習得を目指す。
生命医科学実験IIでは、ほ乳類細胞の培養のための知識と技術を身につけた上で、様々な種類の遺伝子導入試薬を用いた外来遺伝子導入とその発現解析、western blotを用いた細胞内シグナル伝達経路における調節分子のリン酸化解析、培養細胞からのRNA分離と最新機器を用いた特定の遺伝子発現の定量的解析などを行う。
You will learn the techniques of molecular cellular biology: introduction of DNA into cells, analysis of gene expression, signal transduction, RNA preparation and quantitative PCR etc.
授業の到達目標 卒論研究に必要な、分子細胞生物学、細胞工学、生化学、材料科学の各分野の知識および実験手技を習得する。
上記に加えて、本科目の学習・教育目標は以下である。
DP1: 分子・細胞レベルで生命現象を理解・探求する力を身につける。
DP3: 理工学と生命科学の知識を統合し,先端バイオテクノロジーを理解する力を身につける。
DP5: 最先端の生命医科学研究事例を理解し,自ら研究を展開する素養を身につける。

You will learn experimental techniques and knowledges of molecular cellular biology, cell technology, biochemistry, material science.
In addition, the goals of this course are summarized as follows.
DP1: Understand the biological phenomena in molecular and cellular levels, and acquire the ability to conduct a bioscience study.
DP3: Acquire the ability to develop novel biotechnology with integrating basic science and engineering and advanced bioscience.
DP5: Acquire the ability to develop novel technology for diagnosis and therapy of various diseases with integrating basic medicine and advanced biomedical engineering.
事前・事後学習の内容 事前学習として、各実験のフォローチャートを作成する。これらフローチャート作成が、必須レポートとして扱われる実験がある。
その他、必要に応じて適宜指示する。

Make a flow chart of each experimental protocol as a pre-study.
These flow chart must be made as a pre-report in some experiments.
Other directions will be made as needed.
授業計画

1.4月8-9日 Apr 8-9 細胞培養の基本操作(第1グループ)basic technique for cell culture (group 1)
2.4月15-16日 Apr 15-16  細胞培養の基本操作(第2グループ)basic technique for cell culture (group 2)
3.4月22-23日 Apr 22-23  細胞培養の基本操作(第3グループ)basic technique for cell culture (group 3)

    5月6-7日 May 6-7  休講 no classes
4.5月13-14日 May 13-14 バイオマテリアルI biomaterials I
5.5月20-21日 May 20-21 バイオマテリアルII biomaterials II

6.5月27-28日 May 27-28 バイオマテリアルIII biomaterials III
7.6月3-4日 June 3-4 シグナル伝達I signal transduction I
8.6月10-11日 June 10-11 シグナル伝達II signal transduction II
9.6月17-18日 June 17-18 シグナル伝達III signal transduction III
10.6月24-25日 June 24-25 遺伝子発現I gene expression I

11.7月1-2日 July 1-2 遺伝子発現II gene expression II

12.7月8-9日 July 8-9 遺伝子発現III gene expression III

13.7月15-16日 July 15-16 レポート作成 report preparation

14.7月22-23日 July 22-23 レポート作成 report preparation

15.7月29-30日 Jule 29-30 レポート作成 report preparation

教科書 テキストを配布する。

Textbooks are distributed.
参考文献 実験時に適宜紹介する。

Study-aid books are intrduced as needed.

成績評価方法
割合 評価基準
試験: 口頭試問(実施は担当教員の判断による)
oral examination for some experiments
レポート: 各実験項目毎にレポートを作成する。
reports for each experiment
平常点評価: 全実験の受講を必須とする。
遅刻2回で欠席1回とする。
Make sure to attend all the experiments.
If you are late two times, you will lose one attendant score.
備考・関連URL

グループにより、実験の順番が異なる。

年度始めの学年ガイダンス時に、実験の進め方の詳細について説明する。

白衣は必ず着用する。
実験を行う際に支障が出る可能性がある着衣は避ける。 
安全のため、ヒールの高い履き物、サンダル、裸足は不可。
実験用手袋を着用するため、これらが容易に着脱ができるように指輪は不可。
実験よってはマスクを着用するので、化粧にも気をつける。

担当教員: 仙波憲太郎(全体とりまとめ、基本操作、シグナル伝達、ksemba@waseda.jp)、武田直也(基本操作、バイオマテリアル、ntakeda@waseda.jp)、合田亘人(基本操作、遺伝子発現、goda@waseda.jp

 

 

Rotation of biomaterials, signal transduction, and gene expression are changed depending on the groups.

IPSE students do not need to take the experiments of 'basic technique for cell culture' in April.  

Make sure to wear a lab coat.
Put on shoes but not heels or sandals for your safety.
You can not have rings on to wear gloves.

This is the final course of the Life Science and Medical Bioscience Laboratory series. Students will be required to have completed the Basic and Intermediate Life Science and Medical Bioscience Laboratory courses provided in order to enroll.
 
Faculties:  Kentaro Semba (representative, signal transduction, ksemba@waseda.jp), Naoya Takeda (biomaterials, ntakeda@waseda.jp), Nobuhito Goda (gene expression, goda@waseda.jp

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read