cheader

View Syllabus Information

View Syllabus Information

  • Even after classes have commenced, course descriptions and online syllabus information may be subject to change according to the size of each class and the students' comprehension level.

main start

Course Information

Year 2018  School Graduate School of Political Science
Course Title
e-Government and IT Solution

Instructor IWASAKI, Naoko
Term/Day/Period fall semester  Fri.4
Category   Eligible Year 1st year and above Credits 2
Classroom 3-608 Campus waseda
Course Key 31MPM650c5 Course Class Code 01
Main Language Japanese
  Course Code POLX653L
First Academic disciplines Political Science
Second Academic disciplines Political Science
Third Academic disciplines Public Policy/Public Administration
Level Level of Master Types of lesson Lecture

Syllabus Information

Latest Update:2018/03/02 19:44:40

Course Outline

電子政府及びCIO(最高情報・イノベーション責任者)の具体的事例を理解することを目指す。

電子政府・自治体活動は、各国の情報通信市場の発展における原動力として重要な役割を演じている。

CIOはこの分野の最高責任者として政府及び自治体の情報化活動を推進している。

本授業では行政CIOの応用事例を取り上げるとともに、電子政府・自治体CIOの特徴、課題について講義する。

Objectives この授業を受講することで次の点について理解することが出来る。

1.行政におけるCIOの役割と課題
2.日本における電子政府・自治体の活動内容
3.国内ならびに海外における行政CIOの役割と官民連携
4.少子・超高齢・人口減少社会における行政サービスの在り方とICTアプリケーション
5.モバイル政府と電子政府の関係-世界の先進事例から
6.今後の行政デジタル戦略と具体的事例
7.電子政府のトレンドと世界の新潮流
8.先端技術とオープンイノベーション
before/after course of study その都度、参考資料等と合わせて指示します。
Course Schedule
【第1回】電子政府とは
【第2回】電子政府・自治体の先進事例
【第3回】行政CIOの役割とコア・コンピタンス
【第4回】CIOの国際比較
【第5回】プロジェクト・マネジメント
【第6回】望ましいICT投資
【第7回】セキュリティ対策
【第8回】リスク・マネジメントとBCP(業務復興計画)-有事に電子政府サービスはどうあるべきか
【第9回】少子・超高齢・人口減少時代の電子政府とICTアプリケーション
【第10回】スマートシティとモビリティ
【第11回】地域活性化プロジェクト-大月プロジェクト事例研究
【第12回】先端技術(ビックデータ、AIなど)とオープンイノベーション
【第13回】モバイル政府は電子政府を超えられるか
【第14回】電子政府世界ランキング2018
【第15回】総括
Textbooks 授業中に指示します。
Reference 授業中に指示します。
Evaluation
Rate Evaluation Criteria
Exam: 0% 0%
Papers: 70% レポート提出
Class Participation: 30% 出欠席
Others: 0% 0
Note / URL 関連URL: http://www.e-gov.waseda.ac.jp/ 

Top of Page

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read