cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院法学研究科
科目名
民法研究I (橋本)

担当教員 橋本 有生
学期曜日時限 春学期  火3時限
科目区分 専修科目 民法 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 8-615 キャンパス 早稲田
科目キー 3331001060 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LAWB611L
大分野名称 法学
中分野名称 民事法
小分野名称 民法
レベル 修士レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/01/18 12:57:19

授業概要 家族法や成年後見法をめぐる諸問題のうち、参加者が関心を有するテーマを選び、報告をしていただきます。授業の後半は、報告者の発表をもとに、参加者全員で討議をします。
授業の到達目標 発表準備および他の参加者との討議を通じて、授業で取り上げられたテーマに関する理解を深める。
授業計画 第1回は、テーマ及び報告の分担を決定する「オリエンテーション」の時間とし、第2回~第15回は、「報告と討論」を行います。
成績評価方法 平常点 100% (報告の内容、討論での発言の有無、受講態度等を総合的に評価します。積極的に議論に参加する学生を高く評価します。)

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read