cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院法学研究科
科目名
倒産処理法研究I(山本)

担当教員 山本 研
学期曜日時限 春学期  木2時限
科目区分 専修科目 民事手続法 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 8-603 キャンパス 早稲田
科目キー 3331002311 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LAWB631L
大分野名称 法学
中分野名称 民事法
小分野名称 民事手続法
レベル 修士レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/01/18 12:57:19

副題 倒産法最新判例研究
授業概要 倒産法および関連する民事法分野における重要問題や比較的新しい判例を取り上げ、検討します。 
授業は報告担当者を割り当て、報告にもとづき討論をする形で進めます。
授業の到達目標 倒産手続についての基本的知識の習得と、判例分析・研究報告の手法を身につけることを目標とする。
授業計画
1:
第1回/オリエンテーション
本講義の目的と概要について説明した上で、報告を担当する判例・論点について受講生と相談の上、決定する。
2:
第2回/近時の倒産法分野における重要判例・注目テーマ
近時の倒産法分野における重要判例・注目テーマについてレビューする。
3:
第3回/個別報告
近時における倒産法分野の重要判例について、受講者の報告に基づき検討する
4:
第4回/個別報告
近時における倒産法分野の重要判例について、受講者の報告に基づき検討する
5:
第5回/個別報告
近時における倒産法分野の重要判例について、受講者の報告に基づき検討する
6:
第6回/個別報告
近時における倒産法分野の重要判例について、受講者の報告に基づき検討する
7:
第7回/個別報告
近時における倒産法分野の重要判例について、受講者の報告に基づき検討する
8:
第8回/個別報告
近時における倒産法分野の重要判例について、受講者の報告に基づき検討する
9:
第9回/個別報告
近時における倒産法分野の重要判例について、受講者の報告に基づき検討する
10:
第10回/個別報告
近時における倒産法分野の重要判例について、受講者の報告に基づき検討する
11:
第11回/個別報告
近時における倒産法分野の重要判例について、受講者の報告に基づき検討する
12:
第12回/個別報告
博士課程の受講生による博士論文(または、研究論文)の概要報告
13:
第13回/個別報告
博士課程の受講生による博士論文(または、研究論文)の概要報告
14:
第14回/個別報告
修士課程の受講生による修士論文の概要報告
15:
第15回/講義のまとめ
前期に扱った内容について総括する
教科書 特に指定しません。
参考文献 報告テーマに応じて、適宜指示します。
成績評価方法
割合 評価基準
平常点評価: 100% 授業における報告内容、および、議論の状況にもとづき評価する。
その他: 0% 出席については直接的には評価の対象としないが、正当な事由がある場合を除き出席は評価の前提として当然に要求される。
備考・関連URL

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read