cheader

View Syllabus Information

View Syllabus Information

  • Even after classes have commenced, course descriptions and online syllabus information may be subject to change according to the size of each class and the students' comprehension level.

main start

Course Information

Year 2019  School Graduate School of Letters, Arts and Sciences
Course Title
Philosophy 10

Instructor MIKOSHIBA, Yoshiyuki
Term/Day/Period fall semester  Mon.3
Category Core Subjects (Lectures) Eligible Year 1st year and above Credits 2
Classroom   Campus Toyama
Course Key 34Z1210160 Course Class Code 01
Main Language Japanese
  Course Code PHLW631L
First Academic disciplines Philosophy
Second Academic disciplines Western Philosophy
Third Academic disciplines Modern Philosophy
Level Level of Master Types of lesson Lecture

Syllabus Information

Latest Update:2019/03/05 16:55:04

Subtitle 『純粋理性批判』の再検討(その2)
Course Outline  カント『純粋理性批判』の超越論的弁証論第二篇第二章・第三章と超越論的方法論から、最重要箇所を抽出し、その訳文を作成しつつ、その内容の解釈を試みる。これを通して、近代認識論にかんする「深い学識」と「専門の知識」を修得する。
Objectives  参加者が、カント批判哲学の核心に触れることが目標である。
before/after course of study  事前は、当該箇所をドイツ語原文で詳細に検討する。また、関連する二次文献に目を通す。これには120分を要するであろう。事後は、授業中に得た情報を手がかりに、さらに自分の解釈を前進させる。
Course Schedule
1:
第1回
理性の統制的原理の経験的使用(1)
2:
第2回
理性の統制的原理の経験的使用(2)
3:
第3回
純粋理性の理想(1)
4:
第4回
純粋理性の理想(2)
5:
第5回
純粋理性の理想(3)
6:
第6回
純粋理性の理想(4)
7:
第7回
超越論的弁証論への付録
8:
第8回
超越論的方法論
9:
第9回
純粋理性の訓練(1)
10:
第10回
純粋理性の訓練(2)
11:
第11回
純粋理性の規準(1)
12:
第12回
純粋理性の規準(2)
13:
第13回
純粋理性の建築術(1)
14:
第14回
純粋理性の建築術(2)
15:
第15回
純粋理性の歴史
Textbooks  I. Kant, Kritik der reinen Vernunft, PhB版を使用する。
Reference  授業中に指示する。
Evaluation
Rate Evaluation Criteria
Exam: 0%  試験は行わない。
Papers: 0%  レポートは課さない。
Class Participation: 100%  授業中に拝受される資料に基づいて、議論にしっかり参加する。
Others: 0%  特になし。
Note / URL  授業中に使用する文献はドイツ語である。

Top of Page

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read