cheader

View Syllabus Information

View Syllabus Information

  • Even after classes have commenced, course descriptions and online syllabus information may be subject to change according to the size of each class and the students' comprehension level.

main start

Course Information

Year 2018  School Graduate School of Letters, Arts and Sciences
Course Title
Philosophy 6-1: Seminar

Instructor IWATA, Keiichi
Term/Day/Period spring semester  Tues.5
Category Core Subjects (Seminars) Eligible Year 1st year and above Credits 2
Classroom 33-1315 Campus Toyama
Course Key 34Z1210181 Course Class Code 01
Main Language Japanese
  Course Code PHLW611S
First Academic disciplines Philosophy
Second Academic disciplines Western Philosophy
Third Academic disciplines Ancient Philosophy
Level Level of Master Types of lesson Seminar

Syllabus Information

Latest Update:2018/03/01 17:10:08

Subtitle アリストテレス『形而上学』Λ巻の読解
Course Outline  永遠的な実体について考察が行われる『形而上学』Λ巻(第12巻)の後半部(第6-10章)を取り上げ、「不動の動者」がいかなる仕方で規定されているかをテクストに即して明らかにする。不動の動者は知性であり、そのあり方は現実態(活動)であるとされるが、この説明を理解する手がかりとして『魂論』第3巻における知性論のテクストも取り上げる。さらに、『形而上学』Ε巻(第6巻)における「第一哲学」の構想とΛ巻後半部の神学との関係についても考えることにしたい。
Objectives  「不動の動者」の説明において用いられる形而上学的諸概念の用法に注意しながら、アリストテレスのテクストを読む技術と方法を身につける。
before/after course of study  授業で扱う箇所のテクスト(ギリシア語原典)を事前に読解する。
Course Schedule
1:
第1回
『形而上学』Λ巻の概要
2:
第2回
不動の実体
3:
第3回
現実態と可能態
4:
第4回
不動の動者のあり方
5:
第5回
必然によってあるもの
6:
第6回
知性と知性対象
7:
第7回
知性対象としての本質
8:
第8回
観想活動
9:
第9回
天球を動かすもの
10:
第10回
天球の数
11:
第11回
第一の不動の動者
12:
第12回
思惟の思惟
13:
第13回
最高善
14:
第14回
先行哲学者の見解に対する批判
15:
第15回
総括
Textbooks  W. D. Ross, Aristotle’s Metaphysics: A Revised Text with Introduction and Commentary, 2 vols., Oxford, 1924.
 W. Jaeger, Aristotelis Metaphysica, Oxford, 1957.
 注釈書は授業中に指示する。
Reference  授業中に指示する。
Evaluation
Rate Evaluation Criteria
Exam: 0%  
Papers: 0%  
Class Participation: 100%  読解の担当、出席状況、議論への貢献度によって評価する。
Others: 0%  

Top of Page

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read