cheader

View Syllabus Information

View Syllabus Information

  • Even after classes have commenced, course descriptions and online syllabus information may be subject to change according to the size of each class and the students' comprehension level.

main start

Course Information

Year 2019  School Graduate School of Letters, Arts and Sciences
Course Title
Philosophy 7-2: Seminar

Instructor MIKOSHIBA, Yoshiyuki
Term/Day/Period fall semester  Tues.4
Category Core Subjects (Seminars) Eligible Year 1st year and above Credits 2
Classroom   Campus Toyama
Course Key 34Z1210184 Course Class Code 01
Main Language Japanese
  Course Code PHLW631S
First Academic disciplines Philosophy
Second Academic disciplines Western Philosophy
Third Academic disciplines Modern Philosophy
Level Level of Master Types of lesson Seminar

Syllabus Information

Latest Update:2019/03/05 16:55:04

Subtitle カント『実践理性批判』の再検討(2)
Course Outline  カント『実践理性批判』を検討することで、自然と自由とを峻別する「可能性」と「不可能性」を探究するとともに、カント批判哲学の中心問題を見極める。今年度は、同書分析論第三章を検討する。これを通して、近代哲学にかんする「深い学識」と「専門の知識」を修得する。
Objectives  カントの難解な原文を読解できるようになり、また、二次文献を検討する力をつけること。
before/after course of study  事前には『実践理性批判』の該当箇所をドイツ語原文で十分に検討するとともに、必要な二次文献に目をとおす。事後には自分の解釈を深めるために二読三読する。これらには大学院修士課程在学生にふさわしい時間を要する。
Course Schedule
1:
第1回
適法性と道徳性
2:
第2回
自由な意志
3:
第3回
自己愛の問題
4:
第4回
尊敬とは何か
5:
第5回
うぬぼれを打ち倒す
6:
第6回
謙抑
7:
第7回
感情と理性
8:
第8回
尊敬と傾向性
9:
第9回
尊敬と快
10:
第10回
道徳法則への尊敬
11:
第11回
動機・関心・格率(1)
12:
第12回
動機・関心・格率(2)
13:
第13回
道徳感情
14:
第14回
義務(1)
15:
第15回
義務(2)
Textbooks  PhB版のKritik der praktischen Vernunftを使用する。
Reference  教場で指示する。
Evaluation
Rate Evaluation Criteria
Exam: 0%  試験は行わない。
Papers: 50%  『実践理性批判』に関するレポートを提出する。
Class Participation: 50%  ドイツ語読解に参加する。
Others: 0%  特になし。
Note / URL  特になし。

Top of Page

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read