cheader

View Syllabus Information

View Syllabus Information

  • Even after classes have commenced, course descriptions and online syllabus information may be subject to change according to the size of each class and the students' comprehension level.

main start

Course Information

Year 2019  School Graduate School of Letters, Arts and Sciences
Course Title
Education 7-1: Seminar

Instructor MURATA, Akiko
Term/Day/Period spring semester  Tues.3
Category Core Subjects (Seminars) Eligible Year 1st year and above Credits 2
Classroom 33-1203 Campus Toyama
Course Key 34Z1250583 Course Class Code 01
Main Language Japanese
  Course Code EDUX601S
First Academic disciplines Education
Second Academic disciplines Education
Third Academic disciplines Education
Level Level of Master Types of lesson Seminar

Syllabus Information

Latest Update:2019/03/05 16:55:04

Subtitle 社会教育実践研究の視点と方法:ジェンダー・フェミニズム・セクシュアリティ:
Course Outline  フェミニズム教育学、ジェンダー・センシティブ教育学やジェンダー・セクシュアリティに関する基本的な文献の講読を通して、フェミニズムやジェンダー、セクシュアリティに関する基本的な認識を獲得することと教育学研究、とりわけ日本の社会教育における成人教育の蓄積と社会教育実践研究の方法を学ぶ
Objectives  文献講読を重ね、文献読解の力量を高めるとともに、研究の視点、方法を習得すること。及び修士論文の完成を到達目標とする
before/after course of study  事前事後の準備と振り返りを求める(120分程度)
Course Schedule  第1回 オリエンテーション
 第2回 社会教育実践研究の視点1
 第3回 社会教育実践研究の視点2
 第4回 社会教育実践研究の視点3
 第5回 社会教育実践研究の視点4
 第6回 社会教育実践研究の方法1
 第7回 社会教育実践研究の方法2
 第8回 社会教育実践研究の方法3
 第9回 社会教育実践研究の方法4
 第10回 修士論文の検討1
 第11回 修士論文の検討2
 第12回 修士論文の検討3
 第13回 修士論文の検討4
 第14回 修士論文の検討5
 第15回 総括
Textbooks  村田晶子『女性問題学習の研究』未來社、2006
Reference  伊藤雅子『子どもからの自立 おとなの女が学ぶということ』未來社、1975
 伊藤雅子『女の現在』未來社、1978
 伊藤雅子『女性問題学習の視点』未來社、1993
 鹿野政直『鹿野政直思想史論集 第二巻』岩波書店、2007
 国立市市民大学セミナー編『主婦とおんな』未來社、1973
 くにたち公民館保育室問題連絡会『学習としての託児』未來社、2014
 チャンドラー・モーハンティ、堀田碧、菊池恵子ほか訳『境界なきフェミニズム』法政大学出版局、2012
 ベル・フックス、里見実ほか訳『とびこえよ、その囲いを』新水社、2006
 マーサ・ヌスバウム、神島裕子訳『正義のフロンティア』法政大学出版局、2012
 小林富久子、村田晶子、弓削尚子編『ジェンダー研究/教育の深化のために―早稲田からの発信』彩流社、2016
 村田晶子、弓削尚子編著『なぜジェンダー教育を大学でおこなうのか』青弓社、2017
Evaluation  文献読解、論文作成の基本的な力量の蓄積

Top of Page

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read