cheader

View Syllabus Information

View Syllabus Information

  • Even after classes have commenced, course descriptions and online syllabus information may be subject to change according to the size of each class and the students' comprehension level.

main start

Course Information

Year 2019  School Graduate School of Letters, Arts and Sciences
Course Title
Japanese Literature: Research Seminar

Instructor MUNAKATA, Kazushige
Term/Day/Period fall semester  Tues.5
Category Research Seminar Eligible Year 1st year and above Credits 0
Classroom   Campus Toyama
Course Key 34Z1260622 Course Class Code 02
Main Language Japanese
  Course Code LITJ699G
First Academic disciplines Literature
Second Academic disciplines Japanese Literature
Third Academic disciplines Graduation Paper/Master's Thesis/Doctoral Thesis
Level Level of Master Types of lesson Graduate Research

Syllabus Information

Latest Update:2019/03/05 16:55:04

Subtitle 明治・大正期を中心とした近代文学研究指導
Course Outline  大学院の研究活動は、対象とするテクストの読解を通して、論文を作成していくことに尽きる。この授業では、各自の研究テーマに即しながら、テクストの読解と注釈、資料の調査、先行研究の摂取などを通して、具体的な論文作成の方法を学んでいく。
Objectives  自分の研究テーマについて理解を深め、それを論文として言語化していくことにあるが、最終的には修士論文の完成を到達目標とする。
before/after course of study  事前学習としては、当該テクストを十分に読み込んだうえで、自分なりの意見や疑問点を用意しておくこと。
 事後学習としては、当日のアドバイスや紹介された参考文献を踏まえて、論文の作成に生かしていくこと。
Course Schedule  それぞれの研究テーマに即しつつ、第一回目の授業で具体的に確認したい。
Textbooks  第一回目の授業で提示する。
Reference  その都度、紹介・推薦する。
Evaluation  研究指導の成績評価については、その成績をPQの二級に分かち、Pを合格、Qを不合格とする。所定の研究指導を登録して指導を受けることをもってP(合格)とする。

Top of Page

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read