cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院文学研究科
科目名
日本文学講義3

担当教員 新美 哲彦
学期曜日時限 春学期  火3時限
科目区分 コース設置科目(講義) 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 31-306研究指導室 キャンパス 戸山
科目キー 34Z1260653 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LITJ621L
大分野名称 文学
中分野名称 日本文学
小分野名称 日本中古文学(韻文・散文)
レベル 修士レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/05 16:55:04

授業概要  日本を代表する古典である『源氏物語』は、古注釈書、梗概書、俗語訳、派生作品、二次作品など、さまざまな形で受容されている。
 本講義では、早稲田大学蔵の『源氏物語』関連古典籍およびその他の古典籍に触れ、古典籍を調査する方法を学ぶことを眼目とする。書誌学・文献学を学びつつ、各自が興味を持つ本学蔵の古典籍を選び、参加者に調査し、発表してもらう。
授業の到達目標  『源氏物語』の受容についての知見を深める。
 古典籍の調査方法について学ぶ。
授業計画
1:
1
『源氏物語』の受容について
2:
2
講読の進め方・担当者・担当範囲
3:
3
原本調査
4:
4
報告及び討議・出版情報
5:
5
報告及び討議・伝来
6:
6
報告及び討議・古注釈・初期
7:
7
報告及び討議・古注釈・後期
8:
8
報告及び討議・梗概書・初期
9:
9
報告及び討議・梗概書・後期
10:
10
報告及び討議・俗語訳・初期
11:
11
報告及び討議・俗語訳・後期
12:
12
報告及び討議・板本挿絵・初期
13:
13
報告及び討議・板本挿絵・後期
14:
14
原本再調査
15:
15
レポート提出・まとめ
教科書  適宜こちらでコピーを配布する。
参考文献  授業中に指示する。
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 0%  なし
レポート: 30%  質疑を取り入れてきちんと修正できているか。
平常点評価: 70%  報告内容および討議参加の度合による。
その他: 0%  なし
備考・関連URL  3分の2以上の出席を単位修得要件とする。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read