cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2018年度 開講箇所 大学院文学研究科
科目名
英米文学演習1-1

担当教員 梅宮 創造/栩木 伸明
学期曜日時限 春学期  01:火4時限/02:月3時限
科目区分 コース設置科目(演習) 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 01:33-1113梅宮 創造研究室/02:33-1206栩木 伸明研究室 キャンパス 戸山
科目キー 34Z1282871 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LITE681S
大分野名称 文学
中分野名称 英語圏文学
小分野名称 その他
レベル 修士レベル 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2018/03/01 17:10:08

副題 (梅宮創造)Dickensを読む (栩木伸明)アイルランド詩を読む
授業概要  (梅宮創造)Dickensの小説を読みながら、文学の方法について考える。(栩木伸明)アイルランドの詩人W. B. Yeatsの詩を読みながら、言語・歴史・社会と文学の関わりについて考える。
授業の到達目標  (梅宮創造)Dickens文学について、もろもろ考える。
 (栩木伸明)イェイツの作品を精読することにより、詩のテクストをさまざまなコンテクストにつなぐスキルを向上させる。
授業計画  (梅宮創造)
 1. Dickensに関するintroduction
 2. Dickens作品の精読と議論
 3. 同上、つづき
 4. 同上、つづき
 5. 同上、つづき
 6. 同上、つづき
 7. Dickens文学に関する批評の解析と議論
 8. 同上、つづき
 9. 同上、つづき
 10. Dickens作品の精読と議論
 11. 同上、つづき
 12. 同上、つづき
 13. 同上、つづき
 14. 同上、つづき
 15. Dickensの文学的特質に関する議論
 (栩木伸明)
 [第1回]イントロダクションと授業の進め方について
 [第2回]発表(1)この回以降、Yeatsの作品を読んでいく
 [第3回]発表(2)
 [第4回]発表(3)
 [第5回]発表(4)
 [第6回]発表(5)
 [第7回]発表(6)
 [第8回]発表(7)
 [第9回]発表(8)
 [第10回]発表(9)
 [第11回]発表(10)
 [第12回]発表(11)
 [第13回]発表(12)
 [第14回]発表(13)
 [第15回]まとめ
教科書  (梅宮創造)テキストDavid Copperfieldを各自事前に購入すること。
 (栩木伸明)テキスト W. B. Yeats, The Poems (Daniel Albright, ed., Everyman's Library, 1992)を各自事前に購入すること。
成績評価方法  (梅宮創造)毎回の授業が評価の対象。
 (栩木伸明)授業における発表と質疑応答の内容で評価する。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read