cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2016年度 開講箇所 大学院文学研究科
科目名
ドイツ文学講義2

担当教員 クラヴィッター アルネ
学期曜日時限 春学期  金3時限
科目区分 コース設置科目(講義) 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 31-301研究指導室 キャンパス 戸山
科目キー 34Z1301042 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 ドイツ語
  コース・コード LITG681L
大分野名称 文学
中分野名称 ドイツ文学
小分野名称 その他
レベル 修士レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2016/03/01 15:37:05

副題 Introduction to Literary Theory (I)
授業概要  This course offers a survey of the main trends in twentieth-century literary theory. Lectures will provide background for the readings of literary texts. Recurrent questions of these lectures are: what is literature, how is it produced, what is its function and what is its purpose?
授業の到達目標  In this class we will examine the ways in which we read. Lectures will introduce some of the different strategies of reading, comprehending and engaging with literary texts developed in the twentieth century. We will pay special attention to structuralist and post-structuralist theories, such as Lacan's structuralist psychoanalysis, Barthes' semiological theory of the text, Foucault's discourse analysis, and Derrida's deconstruction.
授業計画
1:
第1回
Introduction: What is literature?
2:
第2回
New Criticism
3:
第3回
Russian Formalism
4:
第4回
German Hermeneutics
5:
第5回
Reader-oriented theories
6:
第6回
Marxist theories
7:
第7回
Structuralist theories (I): Saussure and Jakobson
8:
第8回
Structuralist theories (II): Barthes, Genette
9:
第9回
Post-structuralist Theories (general)
10:
第10回
Lacan's psychoanalysis (The purloined letter)
11:
第11回
Barthes' The pleasure of the text
12:
第12回
Derrida's deconstruction (I)
13:
第13回
Derrida's deconstruction (II)
14:
第14回
Foucault's discourse analysis (I)
15:
第15回
Foucault's discourse analysis (II)
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 0%  no
レポート: 50%  report
平常点評価: 50%  regelmäßige Teilnahme
その他: 0%  no

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read